« March 2007 | Main | May 2007 »

April 30, 2007

「みずうみ」

男は何気なくホールトマトの空き缶を拾って道の端に置いた。角を曲がると、一メートルほどの間隔をあけて、十数個の空き缶が点々と落ちていた。どの缶も、拾ってほしいといいたげに、赤いトマトの絵柄をこちらへ向けている。

「みずうみ」いしいしんじ著(河出書房新社) ISBN:9784309018096 (4309018092)

月に一度、あふれる不思議な村の湖。その水が思い出させる、人々の永遠に失ってしまった過去、そしてこれから起こること。

「文藝」発表の第一章に、書き下ろしの第二章、第三章を加えた。第一章の民話的な湖のエピソードが、第二章の月に一度、身体が伸び縮みするタクシードライバーの話、そして第三章の作家夫婦の話へと、微妙に形を変えつつ繰り返される。人生のすべては、奇跡のような偶然の連続であり、しかしそれは、きっと何かの必然で結びあっているのだ。

うまく言えないけれど、著者は新しい地平に立ったように感じた。これまでの長編の筋立ては少年の成長物語が多く、どことも特定されない欧州風の町で展開していた。そのため、いくらか残酷な場面を含んでいても、夢のある読後感を残していたように思う。
しかし本作の第三章は、そうした童話的世界とはっきり一線を画した。なにしろ舞台は松本、浅草、ニューヨーク、キューバなど実在の地名で、一見、作家とその妻、翻訳家の友人らの日常生活を描いている。登場人物の生年まで記してある。

現実的な設定だから、読む者は自らの体験を重ねやすいし、作家の体験も想像してしまう。だからといって、イメージは小さくまとまっていない。ギリシャ神話やら古代隕石のクレーターやら、シーン一つ一つがいつもながら色鮮やかだ。それだけ作家のイマジネーションの力が、タフだということだろうか。時空は伸び縮みし、ねじれて、つながる。

決して読みやすくはないかもしれない。それなのに、引き込まれる物語だ。(2007・4)

『みずうみ』 いしいしんじ  ペチカの本棚

読者大賞blog

April 22, 2007

「それからはスープのことばかり考えて暮らした」

「遠距離恋愛というやつですね」
 まったくマセたガキだなぁ、と僕がため息をついたら、同じように少年もため息をついて、ジュースの残りを余さず飲みほした。
「いいなぁ、オーリィさんは」
 ひとりごとのようにつぶやき、窓ごしに外の様子を眺めている。
 夕方の陽の中を路面電車がゆっくり通り過ぎ、踏切で待たされていた人たちが、いっせいに夕陽を浴びながら歩きはじめた。

「それからはスープのことばかり考えて暮らした」吉田篤弘著(暮しの手帖社) ISBN:9784766001303 (4766001303)

大里君は失業中なのに、映画館に通って古い日本映画ばかり観ている。アパートの大家さんには、フランス風に「オーリィ君」と呼ばれている。何だか最近、近所で評判のサンドイッチ屋のことが気になって…

評判の書名なので手にとったが、内容については予備知識なく読み始めた。初めはシンプルライフをテーマにしたエッセーかと思ったけれど、それは全く違い、さらに「いい人」ばかり出てくる淡々とした小説かと思ったら、案外いろいろと事件が起こって、いい感じで裏切られながら、楽しく読み終わった。

おいしいスープの作り方、といった話題が、筋書きの中で重要な役割を果たす。私はものぐさなので、実は「丁寧な暮らしのススメ」はちょっと苦手。だけれど、この物語はライフスタイルを説く押しつけがましさは微塵もなく、程よくユーモアを含み、肩の力が抜けていて心地よい。老いも若きも男も女もそれぞれに、幾分の諦めとか、「あえて口にしないこと」とかを心に抱えている。だからこそ、この世に一つしかない巡り会いを大事にして、日々を過ごしていく。

著者はクラフト・エヴィング商會としても活動中。(2007・4)

「それからはスープのことばかり考えて暮らした」吉田篤弘 本のある生活

「特捜検察VS.金融権力」

特捜検察は、ねらい撃ちが本来の姿なのである。あまたある疑惑の中から捜査対象を選び、一罰百戒で、正義の枠組みを維持する制度設計になっているのだ。刑事訴訟法191条は「検察官は、必要と認めるときは、自ら犯罪を捜査することができる」と定め、これが特捜検察による独自捜査の法的根拠となっている。「必要と認めるとき」とは、犯罪を選択できるということを前提にしている。

「特捜検察VS.金融権力」村山治著(朝日新聞社) ISBN:9784022502483 (4022502487)

毎日新聞から朝日に転じ、以後、多くの経済事件を追ってきた記者がまとめたバブル崩壊後の15年史。

行政機関である検察が、「国策」に沿って権力を行使することは「当然」のことだと、まずはしっかり認識したうえで、国策と、実際に表面に表れる「事件」とがどうつながるのか、その権力構造を描いた。随所で語られる官僚たちのバックグラウンドや、個人的な親交のエピソードは興味深いものの、全編を通して浮かび上がるのは個々の人物ではなく、やはり「組織防衛」という不変の思考回路だ。結局はそれが「時代」なんだ、という結論になるのかもしれないが、大勢の名もなき人の人生が翻弄されたことを考えると、やりきれない気がしてくる。

イトマンからライブドアまで、1件だけで何冊も本を書けるぐらいの経済事件を一気に詰め込んであり、背景の掘り下げなどはやや消化不良。実際にはこうして「事件」にならず、語られなかった疑惑にこそ、権力の素顔が潜んでいるのかもしれない。冒頭に検察や大蔵省・財務省、金融庁の幹部15人の名簿と、関連年表が付いていて便利。(2007・4)

村山治「特捜検察vs.金融権力」 yabuDK note 不知森の記

« March 2007 | Main | May 2007 »