« 「マドンナ」 | Main | 「特捜検察VS.金融権力」 »

March 25, 2007

「夜は短し歩けよ乙女」

電気でお酒を作るなんて、いったい誰がそんなオモチロイことを思いついたのでしょう。
 私は好奇心でいっぱいになるあまり、木屋町の路上でぱちんと弾けそうになりました。

「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦著(角川書店)  ISBN:9784048737449

「私」は今時珍しいオクテの京大生、理系。クラブの後輩である「黒髪の乙女」に一目惚れしたのだが、「たまたま通りかかって」という偶然の出会いを求めるばかりで、なかなか親しくなれず…。

京都、夜の先斗町や下鴨神社の古本市を舞台に、謎の変人、妖怪的脇役が次々登場。追いつ追われつ、空も飛びつつの、はちゃめちゃ妄想世界。しかし最後はしっかりと周囲の人間関係がつながり、様々な小道具や台詞の伏線も生かされて、気持ちのよい純愛物語になっている。宮藤官九郎の映画を思わせる緻密なドタバタぶり。脈絡ない蘊蓄もまぶしてあり、楽しく、あっという間に読んでしまった。

懐古的な口調に、癖のある擬音が散りばめられているが、リズムがいいので鼻につかない。男女2人の視点から交互に語る形式。そのすれ違いぶりが、緊張を高める効果を生む。

しかも驚くのは、主人公2人の名前が特定されていない点。大勢の怪しい人物と会話するのに、よく混乱しないものだ。名無しの若い男女は、かたや秀才で優柔不断、かたや純情可憐で大酒飲み。アニメ風にデフォルメされているけれど、実は隣にいそうな人物造形で好感がもてる。それと、肝心の2人が知り合った「クラブ」がいったい何をするものなのかも、よくわからない。んー、気になるなあ。(2007・3)

山本周五郎賞受賞。

森見登美彦/「夜は短し歩けよ乙女」/角川書店刊  ミステリ読書録
夜は短し歩けよ乙女〔森見登美彦〕 +ChiekoaLibrary+ 

 

« 「マドンナ」 | Main | 「特捜検察VS.金融権力」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「夜は短し歩けよ乙女」:

« 「マドンナ」 | Main | 「特捜検察VS.金融権力」 »