« 「ヤバい経済学」 | Main | 「夜は短し歩けよ乙女」 »

March 21, 2007

「マドンナ」

 ああ、そうかーー。うまく回らない頭でうっすらと思った。本能がやめておけと言っている。総務と女房に勝ってはいけない、と。

「マドンナ」奥田英朗著(講談社文庫) ISBN:9784062752633

年甲斐のない恋心や、同い年の上司との軋轢。40代中間管理職の日常を軽やかに描くオフィス短編集。

いつもながら非常にうまい。主人公はそれぞれ「部長」が見えてきたくらいの、平凡だけどそれなりに仕事に誇りを持つサラリーマン。ばりばりの営業からキャリアパスとして、2年の「現先」で総務に移ってきた、などと、その「戸惑い」の設定がいかにもありそうで、リアルだ。

そしてどの短編も、家族が合わせ鏡になっている。何を考えているのか、自分では分かった気になっていた妻や息子、あるいは分かろうとする努力を怠ってきた、遠くに住む老親。仕事に悩んでふと目を向けたとき、自分の家庭人としての顔に気づいて、どきりとする。
彼らが選ぶカイシャでの身の振り方は、決して格好いいものとは限らない。けれど皆、真面目に生きている。(2007・3)

« 「ヤバい経済学」 | Main | 「夜は短し歩けよ乙女」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「マドンナ」:

« 「ヤバい経済学」 | Main | 「夜は短し歩けよ乙女」 »