« 「わたしを離さないで」 | Main | 「ヤバい経済学」 »

March 06, 2007

「銃とチョコレート」

 怪盗ゴディバ。彼がはじめてこの国にあらわれたのはぼくの生まれた年だった。
 ある日、貴族の屋敷から『ほほえみダイヤモンド』が消えた。かわりにトランプ大の赤いカードがのこされていた。さらに半年後、大富豪の大事にしていた『かなしみ首かざり』が金庫から消えた。うしなわれた国の王女様が身につけていた首かざりだった。金庫にはふたたびトランプ大の赤いカードがのこされていた。

「銃とチョコレート」乙一著(講談社)  ISBN:9784062705806

移民の少年、リンツは父の形見の聖書に隠された秘密の地図を見つける。怪盗ゴディバが盗んだ財宝の地図だ。怪盗を追う名探偵、ロイズとの大冒険が始まる。

「かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリーランド」の一冊。箱に入っていて布の背表紙、ルビ付きの大きな活字。ページの角は丸くカットしてある。作り込まれた児童書の風情に、幼いころのドキドキが蘇る。怪盗、探偵。言葉の響きが、いい。

だが、だまされてはいけない。かつて子ども向けにアレンジされたバージョンで夢中になった「三銃士」。長じて文庫を読んだとき、時に陰惨なほどのエゴが描かれていて、驚くと同時に、エピソードてんこ盛りの物語性にまた驚嘆した。本作もまた、一筋縄でない影を持つ。善悪合わせもつ人の二面性、戦争や差別。けっこう深いです。

乙一著作の初体験として、良かったかどうかは、まだわからないけれど… ブロガーに評判の、イメージ豊かな挿画は平田秀一氏。(2007・2)

■銃とチョコレート 乙一  本を読んだら…byゆうき
銃とチョコレート 乙一 講談社  おいしい本棚Diary
『銃とチョコレート』 乙一  猛読酔書

にほんブログ村 本ブログへ

« 「わたしを離さないで」 | Main | 「ヤバい経済学」 »

Comments

こんばんは、TBありがとうございます。
乙一の初読みだったんですね♪次は、ぜひダーク乙一の作品を、どうぞ!!私は、けっこう好きです。

そうそう。深いんですよね。まるでオセロゲームのように人の黒白がひっくり返っていきますよね~。楽しかったです。
これが初乙一作品なんですね。ほかのもおもしろいですよ~。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「銃とチョコレート」:

» 銃とチョコレート 乙一 講談社 [おいしい本箱Diary]
ほんとうに久々の乙一の作品。 待ちましたね、ほんと。しかも、書き下ろしで・・。 この講談社ミステリーランドのシリーズは、けっこう凝った装丁なんですが、 この本も非常に乙一らしい、ダークな作りになってます。 それを見るだけでも、面白いんですが、中身もこれまた乙一らしいものでした。 人間の、人に向けてる顔の裏にあるものが、次々と現れてくるところが 非常に乙一らしい。... [Read More]

« 「わたしを離さないで」 | Main | 「ヤバい経済学」 »