« 「未完成の友情」 | Main | 「新聞がなくなる日」 »

January 01, 2007

「周極星」

「そうかもしれないな。この国が抱える膨大な人口は、すべてを内包して、問題の先送りを可能にする、無尽蔵のショック・アブソーバーみたいなものかもしれん。それと同時に、その反面、最大の火薬にもなり得る危険を孕んでいる」

「周極星」幸田真音著(中央公論社) ISBN:4120037304

上海を舞台に繰り広げられる金融ビジネスの駆け引き。

舞台であるはずの中国経済が、現実の変化と相まって主役に躍り出て、得も言われぬエネルギーを発散している。その分、登場人物の幼い頃からの因縁とか、日中二つの故郷とか、そういう筋立ての魅力はかなりそがれる印象がして、時代とわたり合う経済小説の難しさを感じさせる。(2006・12)

幸田真音「周極星」

にほんブログ村 本ブログへ

« 「未完成の友情」 | Main | 「新聞がなくなる日」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「周極星」:

« 「未完成の友情」 | Main | 「新聞がなくなる日」 »