« 「チーム・バチスタの栄光」 | Main | 「風が強く吹いている」 »

January 22, 2007

「ゆれる」

けれど、もし、誤ったとしても、失ったとしても、もう一度だけ手を伸ばし、声を上げるより他に、生きて自分に出来ることを、俺は今、見つけられない。
 腐った板がよみがえり、朽ちた欄干が持ちこたえることはあるだろうか?
 あの橋は、まだかかっているだろうか?

「ゆれる」西川美和著(ポプラ社)  ISBN:9784591093030

俊英、西川美和監督が、各賞で絶賛の映画を自ら小説化。

寂れたふるさとの渓谷にかかる、一本の朽ちかけた吊り橋。不安定なその橋が、不幸な事件に見舞われた兄と弟の、愛憎の「揺れ」を静かにうつしとる。

時系列に、登場人物一人ひとりの独白をつないでいくスタイルが絶妙だ。まるで「羅生門」のように、同じなようで同じでなく、「真実」は微妙にずれていく。誰が誰を思い、誰が誰を陥れたのか。真実なんていつも、こんな風に不確かで、最後までクリアにはならないものかもしれない。

でも、兄と弟を軸に、その父と弟、幼なじみの娘とその母、スタンド従業員の妻子ら、取り巻く人それぞれの心の中にある「真実」が、胸に迫ってくる。誰しも自分が可愛いし、面倒なことは避けたいし、大切なはずの人を時に煩わしく思ったりする。それでも決して断ち切れない、いとおしさはあるのだ。

映像作家らしく、古い8ミリ映写機の伏線が鮮やか。青白い装丁も知的で美しい。映画を観なければ!(2007・1)

「ゆれる」西川美和  本を読む女。改訂版

にほんブログ村 本ブログへ

« 「チーム・バチスタの栄光」 | Main | 「風が強く吹いている」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ゆれる」:

« 「チーム・バチスタの栄光」 | Main | 「風が強く吹いている」 »