« 「八月の路上に捨てる」 | Main | 「ドライブイン蒲生」 »

January 03, 2007

「ガール」

「光山さんなら似合いますよ。合わせる服、いっぱいあるじゃないですか」
「そうよねー。白いキャスケットなんか合いそうな気もするしー」
 うーむ、キャスケットときたかーー。
 ときとして「引いて」しまうこともあるが、由紀子はこの先輩が嫌いではない。

「ガール」奥田英朗著(講談社) ISBN:4062132893

働く30代女性の気概を描いた、爽快短編集。

それぞれの主人公は、ともすれば「痛い」と切り捨てられそうな、愚かさを抱えている。昇進とか気の合わない同僚とかに、いちいち心が揺れるし、ずるいことも考えてしまう。既婚でも子持ちでも同じだ。でも、企業社会の片隅で、それなりに真面目にやっている。どこが、いけないのか。

一つ一つはいかにも小さな物語。だが目の付けどころに一ひねりあり、ファッションなど細部の情報も的確で心憎い。その細部に支えられて、共感して、元気が出る。「ワーキングガール・ウォーズ」(柴田よしき著、新潮社)よりはもう少し主人公に距離を置き、世相を踏まえながら揶揄に流れない。加減を心得たサービス精神は並大抵でない。生涯一ガール、女同士はわかり合えるーー。至言。

小説現代2003~2005年の発表作品。ポップな装画はノグチユミコ。(2006・12)

奥田英朗 『ガール』
<オススメ>『ガール』 奥田英朗 (講談社)

にほんブログ村 本ブログへ

« 「八月の路上に捨てる」 | Main | 「ドライブイン蒲生」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ガール」:

» 奥田英朗 『ガール』 [映画な日々。読書な日々。]
奥田 英朗 ガール 30代。OL。文句ある? きっとみんな焦ってるし、人生の半分はブルーだよ。既婚でも、独身でも、子供がいてもいなくても…。さ、いっちょ真面目に働きますか! キュートで強い、肚の据わったキャリアガールたちのお話を5つ、ご覧あれ。 《こんな... [Read More]

« 「八月の路上に捨てる」 | Main | 「ドライブイン蒲生」 »