« 「ガール」 | Main | 「名もなき毒」 »

January 15, 2007

「ドライブイン蒲生」

僕は心の成長が早い子供だったから、あきらめを受け入れるのが得意だった。夏だけがやっかいなのだ。ひとたび秋になれば、悲しいことなんて他にいくつも落ちていると、毎年、ちゃんと気がついた。

「ドライブイン蒲生」伊藤たかみ著(河出書房新社) ISBN:9784309017662

やっかいな母、あるいは脈絡のない父を回想する短編集。表題作のほか「無花果カレーライス」「ジャトーミン」収録。

著者の「盗作」から「八月の路上に捨てる」に至る道程。これは通らなければならない過去だったのだろうか。

他人の家の中なんて普通、下世話に痩せていて、何かもの悲しい。正直言うと、あまり直視したくない物語だ。だのに読み進むうちにふと、自分の心にも眠っている景色とだぶってドキリとさせられる。軽い筆致なのだが、その不意打ちは重い。書名を斜めにあしらった装丁が印象的。(2006・11)

にほんブログ村 本ブログへ

« 「ガール」 | Main | 「名もなき毒」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ドライブイン蒲生」:

« 「ガール」 | Main | 「名もなき毒」 »