« 「町長選挙」 | Main | 「未完成の友情」 »

December 30, 2006

「大地の咆哮」

中国の現状をたとえていえば、共産党一党独裁制度の旗の下、封建主義の原野に敷かれた特殊な中国的社会主義のレールの上を、弱肉強食の原始資本主義という列車が、石炭を猛烈に浪費しながら、モクモクと煤煙を撒き散らし、ゼイゼイいいながら走っているようなものだ。

「大地の咆哮」杉本信行著(PHP研究所) ISBN:4569652344

チャイナスクールの外交官が記した、本音の中国分析と日本外交論。

実は中国というテーマは、人によって好悪の感情が強すぎる気がして、気になりつつも食わず嫌いできたのだが、知人に勧められて本書を読んでみた。

著者は部下の自殺、そして自身の病に直面して一線を離れた元上海総領事。意外に内容は暴露的ではないから、事件の真相のほのめかしを期待すると、ちょっと裏切られる。

むしろ前段として、著者が若い頃、「何の気なしに」選んだ語学研修先での不自由な暮らしや、鮮烈な平和友好条約交渉の記憶などが語られる。その長い実体験を通じて徐々に、国として、この「時としてやっかいな隣国」と付き合っていくしかないのだという全編を貫く姿勢が、真実味をもって迫ってくる。それはもしかすると本来、好き嫌いとか、共感や反発とか、個々の事件の真相とかの問題ではない。

後段は現在、中国が抱える様々な矛盾や危機の解説で、非常に具体的でわかりやすい。特に、都市部にもみられる深刻jな経済格差や、進出企業が翻弄される資本主義の未熟さが印象的。2006年の大きな話題だった靖国問題への提言も明晰だ。

もちろん事態はそうそう簡単ではないし、刻々変化している。あくまでも本書の所見は2006年5月当時のものだし、他の見方ができる部分もあるだろうから、こうした出版に弊害を感じる人もいるかもしれない。だが、交渉当事者の冷静な発言が、死を覚悟した場面でしか表に出てこないとしたら、それこそが大変な損失に思える。(2006・11)

「大地の咆哮」

にほんブログ村 本ブログへ

« 「町長選挙」 | Main | 「未完成の友情」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「大地の咆哮」:

« 「町長選挙」 | Main | 「未完成の友情」 »