« 「タックス・シェルター」 | Main | 「赤い指」 »

October 14, 2006

「転生」

 これが自分の限界なのだろうか、と岬は思った。他人を信じられないから、自分を追い込んでしまうのだろうか。

「転生(てんしょう)」仙川環著(小学館文庫) ISBN:4094081178

その子はあなたの娘さんです。引き取ってもらいたいーー。ある日突然、眼前に乳児を置き去りにされたフリーライターの深沢岬。冗談じゃない、親はどこにいるんだ。必死で捜すうち、意外な事件に巻き込まれていく。

医療ミステリーの第二弾で、今回のテーマは生殖医療。現実にも何かと話題が多く、魅力的な題材だが、技術と法や社会常識との軋轢、先端医療を選ぶ人たちの心情などには、あまり踏み込んでいない。その分テンポがよく、真実を求めるヒロインと、ヒロインに迫る刑事のスリリングな追跡劇を、存分に楽しめる。

印象的なのは、ヒロインの性格設定だろう。野心に燃え、自分勝手で、周囲の人間を見下し利用する。言ってしまえばどうにも鼻持ちならない女。それだけに、終盤の激しい気持ちの揺れが、落差をもって胸に残る。ちょっと名作「女には向かない職業」(PDジェイムズ、ハヤカワ文庫)を思い出した。(2006・10)

転生

にほんブログ村 本ブログへ

« 「タックス・シェルター」 | Main | 「赤い指」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「転生」:

« 「タックス・シェルター」 | Main | 「赤い指」 »