« 「ワーキングガール・ウォーズ」 | Main | 「転生」 »

September 23, 2006

「タックス・シェルター」

でも、メグのパパが言ってたみたいに、ママは普通の人からばかり税金を取っているの? だから、ママはみんなから嫌われるわけ? 今夜みたいに、メグのママが怖い顔してやって来たりするのも、その増税のせいなの?

「タックス・シェルター」幸田真音著(朝日新聞社) ISBN:4022502207

生真面目な経理マンが、ワンマン社長の海外隠し口座を預かったことで陥る巧妙なマネーの罠。やがてその運命は、敏腕の女性税務調査官と交錯する。

ライブドア事件などにも登場した海外口座やSPC、原油先物取引など、経済事件の要素を散りばめ、好奇心を刺激する。取引が成功するのか、「悪事」は露見しないのか。ハラハラさせるサスペンスが満載だ。
だが450ページを引っ張るのはむしろ、税逃れという「頭のいいやり方」に近づいたが故に、人生を絡め取られてしまう人間の悲しさだろう。一方に税務調査官を配し、対比を際だたせた。前段で調査官の、女性として苦しい選択や、税というものへの一抹の疑問を丁寧過ぎるほどに描いたことで、それでも職責を全うしようとする姿が印象深くなった。(2006・9)

タックス・シェルター

にほんブログ村 本ブログへ

« 「ワーキングガール・ウォーズ」 | Main | 「転生」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「タックス・シェルター」:

« 「ワーキングガール・ウォーズ」 | Main | 「転生」 »