« 「迷走する家族」 | Main | 「昭和史 戦後篇」 »

August 09, 2006

「女たちは二度遊ぶ」

「並んでまでラーメン食べたいと思う?」
 彼女がぽつりとそう言った。
 僕が何も答えないでいると、「私ね、列運がないの」と彼女が笑う。
「列運?」とぼくは訊いた。
「そう。列運。私が並ぶと、銀行でも駅でも、たちまちその列だけ動かなくなるの」と彼女は言った。

女たちは二度遊ぶ(吉田修一著)角川書店 ISBN:4048736825

名手と呼ばれる作家の、女をめぐる11の短編集。

たいがいは「ぼく」が、過去を振り返って語る形式だ。行きずりだったり、ほんの短期間の付き合いだったりして、しかも目の前からあっけなく姿を消してしまった女たちの思い出。そして小さな後悔めいたものを綴る。

細部が実に、生々しい。部屋のユニットバスが、並んだ化粧品のせいで百貨店の一階みたいな匂いに満ちていたりする。細部を描くということは、それだけ忘れられない女、ということなのだろうか。読んでいくうちに、忘れられないだけの理由が、「ぼく」の「現在」にある気がだんだんしてくる。その、決して語られない現在が、読み手のイマジネーションを刺激して心地よい。

細かいことだが、主人公の通っている大学とか、短い字数の中にところどころディテールを書き込んでいるのが、絶妙にドラマ性を高めていると思った。(2006・7)

読書日記 女たちは二度遊ぶ
<面白い>『女たちは二度遊ぶ』 吉田修一 (角川書店)

にほんブログ村 本ブログへ

« 「迷走する家族」 | Main | 「昭和史 戦後篇」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「女たちは二度遊ぶ」:

» <面白い>『女たちは二度遊ぶ』 吉田修一 (角川書店) [活字中毒日記!]
女たちは二度遊ぶ吉田 修一 / 角川書店(2006/03/25)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <この作品集について居酒屋で女の子と語り合えたら楽しいだろう。それが12番目の物語となるであろうから・・・> 本当になんにもしない女だった。炊事、洗濯、掃除はおろか、こちらが注意しないと、三日も風呂に入らないほどだった。 「野生時代」に掲載された11本の短編を単行本化したもの。 吉田さんの特徴である都会... [Read More]

« 「迷走する家族」 | Main | 「昭和史 戦後篇」 »