« 「だからこそライターになって欲しい人のためのブックガイド」 | Main | 「迷走する家族」 »

June 15, 2006

「亡国のイージス」

「おれは自衛官の道は踏み外したが、シーマンシップだけは捨てない。救援を求める者がいれば、なにを捨ててでも助けるのが海で生きる者の掟だ。そう教えてくれたのは、部屋長、あんただ」

「亡国のイージス」福井晴敏著(講談社文庫) ISBN:4062734931 ISBN:406273494X

策謀と男たちの想いが渦巻く海上自衛隊の護衛艦「いそかぜ」が、突然反旗を翻し、平和なニッポンを悪夢に陥れる。「本艦の全ミサイルの照準は東京首都圏内に設定されている。その弾頭は通常に非ず」ーー。

外界から孤絶した護衛艦と、その反乱を息を飲んで見つめる政府中枢とを舞台にした、長編軍事サスペンス。スケールの大きい国際政治の舞台裏や、護衛艦など細部の描写が読みどころなのかもしれない。だが、そうしたことにあまり関心を持たなくても、十分、楽しめる。メーンキャストから端役に至るまで、登場する男たちそれぞれが抱える背景、過去の物語を丹念に書き込んでいるからだ。
実は、はらはらドキドキのアクションシーンは、長編の中のウエートとしてはそれほど高くない。さらには国防のあり方とか、組織の中での生き方とかを考えさせる要素も、それほど感じないのではないか。父と子の、あるいは夫と妻の、やや粘っこいまでの悔恨と許しのストーリーの印象を強く感じた。
この人気作家の著書を、今回ようやく初めて読めたのだけれど、評判通り。随所に伏線を張り、どんでん返しを散りばめつつ、大勢の登場人物の物語をまとめ上げる腕力は相当なもの。日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞、大藪春彦賞受賞。2005年映画化。(2006・5)

「亡国のイージス」福井晴敏
(書評)亡国のイージス

にほんブログ村 本ブログへ

« 「だからこそライターになって欲しい人のためのブックガイド」 | Main | 「迷走する家族」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「亡国のイージス」:

» (書評)亡国のイージス [たこの感想文]
著者:福井晴敏 上下巻通しての感想。 『川の深さは』『Twelve.Y.O.』の [Read More]

» 「亡国のイージス」福井晴敏 [本を読む女。改訂版]
  映画化じゃないか、真田広之と佐藤浩市、見るに決まってるやん。 ってわけでにわかに盛り上がる私であるが、これを読んだ数年前に 書いた感想をタイムリーだとばかりにアップしてみる。 そうかあ、面白かったんだね、私。と過去の私に言ってみる。 その後福井作品はあと2冊(「川の深さは」「Twelve.Y.O」)読んだが、 どれも「亡国・・」の焼き直しみたいだった。 (執筆はこれより早かったりするんだけど。) なので今は福井氏からは遠ざかってるんだけど、 それにしても「戦国自衛隊」も... [Read More]

» 10年後の日本 [最新本にコメント!批評n比較]
いきなりTBごめんなさい。一緒にコメントしましょー。 [Read More]

« 「だからこそライターになって欲しい人のためのブックガイド」 | Main | 「迷走する家族」 »