« 「孤宿の人」 | Main | 「ポーの話」 »

April 09, 2006

「しみったれ家族」

自分は中流でなくなったと勝手に思いこみ、じゃあ自分は何だと考えたところ、よくわからない。わからないのは自分の名前がないようなものだから、さらに不安になる。じゃあ自分は負け組で、新しい階層社会が始まったと妄想し、自分でラベリングしたくせに、そのせいでさらに落ち込む……。

「しみったれ家族」畸人研究学会著(ミリオン出版・大洋図書) ISBN:4813020208

100円ショップやファミリー居酒屋などで観察した「平成新貧乏」の生態を、雑誌対談形式などで軽く辛辣に綴る。

「プラモデル進化論」(イースト・プレス)などの今柊二と「ダニの生活」(新風舎)などの黒崎犀彦の共著。無理をして郊外に家を持ち、切りつめた生活をしている「張り子のトラ」。食にも住にもメリハリがない、深夜ディスカウントショップ族…。長期不況を背景にしたライフスタイルの分析は一部、景気回復期の現実と合わなくなりつつあるが、底流にある「精神の貧困こそしみったれ」という視点は意外に古びていない。どんな家族であれ、子世代の教育には手を抜かないでほしい、学び続けることこそが明日につながるのだから、という主張は、至極まっとうだ。(2006・1)

[書評]のメルマガ vol.221

にほんブログ村 本ブログへ

« 「孤宿の人」 | Main | 「ポーの話」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「しみったれ家族」:

« 「孤宿の人」 | Main | 「ポーの話」 »