« 「阿片王」 | Main | 「下流社会」 »

November 03, 2005

「九代正蔵襲名 」

一番辛かったのは、出逢ったときのこぶ平の冷ややかな目だった。
「お前のオヤジと約束した」とは言えない。
尊敬する小三治さんが、ある時、「こぶ平はいいです」と僕に言った。
たしかにこぶ平は良くなっていた。でも、三平との約束は「誉めない」なのだ。

「九代正蔵襲名 」林家正蔵著(近代映画社)ISBN:4764820331

2005年春に大名跡を襲名した九代正蔵の、インタビューとエッセイ。
ゆかりの人々のはなむけの言葉に、一人の花のある芸人と、伝統の芸を盛りたてようとする気概が満ちている。特に泣かせるのが永六輔。父、三平から生前「こぶ平を絶対に誉めないでくれ」と頼まれ、律儀に約束を守ってきたが、「……正蔵なら誉めてもいいのだろうか。」。精進の人、正蔵。今は子どもの表現がチャーミングだと思うけれど、中野翠が書くように、人の世の暗さも描けるのだと思うと楽しみだ。披露目の手拭いのデザイン解説や、歴代正蔵伝の寄稿なども楽しい。(2005・11)

志ん生さんと志ん朝さん

« 「阿片王」 | Main | 「下流社会」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「九代正蔵襲名 」:

« 「阿片王」 | Main | 「下流社会」 »