« 東野圭吾マイベスト3 | Main | 「阿片王」 »

October 23, 2005

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

 次の日になって、熱はだいぶ下がったけどボクはまだ、寝たままだった。うとうとしながら昼過ぎに目が醒めた時には、パチパチと聞き慣れた音がする。
 横を見ると、オカンが横浜のさなえおばちゃんと花札をしているのである。

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」リリー・フランキー著(扶桑社)ISBN:4594049664

コラムニストやアートディレクターとして活躍、バラエティー番組などにも顔を出している著者の、家族をめぐる自伝。
物心ついてから癌で母を看取るまでを、時系列で丹念にたどり、多くの読者に「今度の週末、実家に帰ろうか」と思わしめた、話題の感涙長編。私はバラエティーには不案内で、実物の著者のイメージはもっていなかったけれども、ユーモアが散りばめられた450ページをリズム良く読めた。印象的なのは、経済的な要素が物語で大きな位置を占めていること。少年時代の回想には、炭坑町の衰退が影を落としているし、フリーター時代のすさまじい困窮は、おそらくこの時期、日本を覆っていたバブル経済の虚飾の陰画なのだろう。中心テーマである母親との関係でも、「買ってもらったもの」が随所に書き込まれており、それが極めて個人的なストーリーに確かな手触りを与えている。
自分が恥をかくのはいいが、他人に恥をかかすなとしつけたオカン、大学時代風疹で倒れたとき、朝一番でかけつけてくれたオカン、働きづめに働いて、残った蓄えは一人息子の卒業証書だけだというオカン。ありがたいものです。
それにしても、どうしてこうも多くの読者が「確実に」泣きたがっているのだろう…(2005・10)

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 笑っちゃって泣けちゃって…
「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」 リリー・フランキー

2006年本屋大賞受賞。ドラマ化も。
本屋大賞は『東京タワー』

« 東野圭吾マイベスト3 | Main | 「阿片王」 »

Comments

TBありがとうございます。
たしかに生きるのにお金が必要だという事を正面からきちんと書いていますよね。そのせいかお金で買えない親子の愛というものが際立ってせまってくる感じがします。

TB&リンクありがとうございます。
経済的な要素、ボクが欲しいものは必ず買ってあげるオカン、ボクは遠慮していちばんいいものではないものを「ゼッタイこれがいい」と言い張る…
さりげなくも涙が出てしまう心遣い…
わたしもリリー・フランキー氏についてはお名前しか知りませんでしたが、この本を読むことができてほんとうによかったです。
彼の描いた絵本『おでんくん』をその後読みましたが、叙情やあたたかみのあるとてもいいお話でした。

リリーフランキー読んでみたかったんですよ。
彼は最近もう一冊なんか出してますよね。

あと、百番は大阪にいっぱいあります。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」:

» 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 笑っちゃって泣けちゃって… [月乃春水 ツキノ・ハルミ 本のこと あれこれ]
東京タワー リリー・フランキー著 扶桑社 (2005.6) オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る それはまるで、独楽の芯のようにきっちりと、ど真ん中に突き刺さっている。 東京の中心に。日本の中心に。ボクらの憧れの中心に。 き... [Read More]

» 「東京タワー ~オカンとボクと時々オトン~」 [主婦の秘め事]
リリー・フランキー氏の作品。これは泣けるらしい、期待大♪”東京タワー”は大好き。行こう!って行くのではなくブラっと行く、そんな東京タワーがいいな。夜の景色は最高です。東京って・・・綺麗。あと、なんか切ない感じがするところも。 リリー・フランキー 東京タ... [Read More]

» 「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」 リリー・フランキー [忘れられぬ風景を求めて]
「感動作」、「号泣する」、と聞いていて、読み進めていかにもな予感的中、最後のほうは涙なしに読めなかった。オカンへの気持ち、そして一番恐れていた日への恐怖、生々しく語られていた。 母と子の愛、母と父の夫婦の形、父との関係、家族って・・・と、普段なんとなく避けてきた痛いところを突かれた感じで、ボディーブローを浴びた気分。一人暮らしが長くなってきて、仕事が忙しいことも言い訳となって、なんとなく、自由に気ままに過ごしてきたけれど、こんな暮らしじゃ大切なものが欠けているんじゃないか、あとになって後悔してもし... [Read More]

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン [FACE-T blog]
郁子さんが本ネタだったのでつい。と思ったら、下で吉留くんも書いているので2番煎じだけど・・・ 久々に、ベストセラー本を買った。リリー・フランキー。 この人、普段はエロいイメージなんだけど、この本はそんなエロさとはほど遠く、涙が落ちて、読んだ後きっと人に優...... [Read More]

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン [FACE-T blog]
郁子さんが本ネタだったのでつい。と思ったら、下で吉留くんも書いているので2番煎じだけど・・・ 久々に、ベストセラー本を買った。リリー・フランキー。 この人、普段はエロいイメージなんだけど、この本はそんなエロさとはほど遠く、涙が落ちて、読んだ後きっと人に優...... [Read More]

» 「東京タワー」 [共通テーマ]
「おでんくん」のリリー・フランキーの初めての長編。 あなたはどんなことを感じましたか? [Read More]

« 東野圭吾マイベスト3 | Main | 「阿片王」 »