« 「街角の事物たち」 | Main | 「危ない食卓」 »

September 24, 2005

「家守綺譚」

実は思い当たるところがある。サルスベリの名誉のためにあまり言葉にしたくはないが。
 ーー木に惚れられたのは初めてだ。
 ーー木には、は余計だろう。惚れられたのは初めてだ、だけで十分だろう。
 高堂は生前と変わらぬ口調でからかった。

「家守綺譚」梨木香歩著(新潮社)ISBN:4104299030

駆け出しの小説家が、死んだ親友の親に頼まれ、山科の二階屋の留守居をする。気ままな一人暮らしで出会う、河童やら小鬼やら、異界のものたちとの交流。
明治の文豪の若い頃、といった風情の主人公が綴る形。1項5、6ページでさらりと読めて、無駄のない端正な文章にまず引き込まれる。都のはずれの四季の移ろいを背景に、精霊や妖怪のたぐいが次々現れるのだけれど、隣の世話焼き小母さんや住職がごく当然のものと解説していて、とても微笑ましい。かつて日本人の暮らしには、こんな説明のつかない、けれど魅力的な「暗がり」があったのだと思い起こさせる。多くの読書好きが推薦するのがうなずける、温かい読後感の一冊。(2005・9)

家守綺譚   好きなものを好きなだけ
『家守綺譚』梨木香歩  とみきち読書日記

« 「街角の事物たち」 | Main | 「危ない食卓」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「家守綺譚」:

» 『家守綺譚』 梨木香歩 [とみきち読書日記]
家守綺譚 梨木香歩著出版社 新潮社発売日 2004.01価格  ¥ 1,470( [Read More]

« 「街角の事物たち」 | Main | 「危ない食卓」 »