« 「魂萌え!」 | Main | 「花まんま」 »

August 21, 2005

「友がみな我よりえらく見える日は」

「仕事にならなくても、電話があるだけでうれしい。自分が忘れられてないって思えるからね」そういうと、長沼は白手袋で電話機を拭いた。

「友がみな我よりえらく見える日は」上原隆著(幻冬舎アウトロー文庫)ISBN:4877288139

都市に生きる市井の人々を題材にした短編ノンフィクション集。何かに傷つきながら、とぼとぼと歩いていく日常を、静かに描く。コラムとしての完成度が高く、よくできたフォークソングのよう。短いやりとりの中に、著者は自尊心の小さな破れ目と、それを繕う一本の糸を描き出す。(2005・8)

「友がみな我よりえらく見える日は」上原隆

« 「魂萌え!」 | Main | 「花まんま」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「友がみな我よりえらく見える日は」:

« 「魂萌え!」 | Main | 「花まんま」 »