« 横山秀夫ベスト | Main | 「魂萌え!」 »

July 13, 2005

「吉田茂の自問」

理念に加えて、力の問題がある。
力とは軍事力や経済力だけではない。
自己の理念を国際的に実行せしめてゆく力である。それには、同じ理念を持つ人々との連帯、結合こそが肝腎である。

「吉田茂の自問」小倉和夫著(藤原書店)ISBN:4894343525

フランス大使などを歴任した著者が、2003年に公表された外務省極秘文書「日本外交の過誤」を読み解く。講和条約に踏み出そうとする吉田首相の指示で、若手の外務省官僚が、当時はまだ近い過去であった終戦までの外交を検証している。要人の貴重な証言と共に、現代に照らしても、様々なことを考えさせる一冊。(2005・6)

« 横山秀夫ベスト | Main | 「魂萌え!」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「吉田茂の自問」:

« 横山秀夫ベスト | Main | 「魂萌え!」 »