« 「太りゆく人類」 | Main | 「anego」 »

June 05, 2005

「夜のピクニック」

なぜか、その時、初めて歩行祭だという実感が湧いた。こうして、夜中に、昼間ならば絶対に語れないようなことを語っている今こそがーー全身痛みでボロボロなんだけど、顔も見えない真っ暗なところで話をしながら頷いているのが、あたしの歩行祭なのだと。

「夜のピクニック」恩田陸著(新潮社)ISBN:4103971053

全校生徒が年一回、夜を徹して80キロを歩き通すイベント、歩行祭。高校生活最後の特別な一夜に、貴子が決意していたこととは…。

一両日の行程を時間を追って描くという制約のなかで、貴子と融、二人の主人公の思いを交互に描き、ゴールに向かって徐々に重ね合わせていく。物語巧者の面目躍如というべき一作。こだわりを乗り越えていく主人公の成長談だけでなく、二人を取り巻く友人たちそれぞれの、人間を理解しようとする心の動きが爽やかだ。甘すぎるとも言えるけれども、案外人生の入り口というのはこういうものではないだろうか。吉川英治文学新人賞、本屋大賞受賞。(2005・5)

「夜のピクニック」 恩田陸

« 「太りゆく人類」 | Main | 「anego」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「夜のピクニック」:

« 「太りゆく人類」 | Main | 「anego」 »