« 「夜のピクニック」 | Main | 横山秀夫ベスト »

June 11, 2005

「anego」

決して克己心とかいうものではなく、この頃の奈央子はいつもの時間に起き、いつもより早く眠る。三日に一度はジムに行き、インターネットで海外の新聞のヘッドラインを読む。お酒の量も変わらず、外食はむしろ減ったぐらいだ。
つらいことがあった時は、日常の持つ大きな力で打ち負かそう、というのが奈央子のやり方である。

「anego」林真理子著(小学館)ISBN:4093933049

商社に勤める奈央子、33歳が経験する恋愛のすべて。

本音満載のOL小説のようであり、合コンなどのノウハウを含むコメディでもあり、後段は深く心理に分け入るホラー風でもある。時代の経済情勢などを踏まえつつ、これだけの要素を詰め込む腕力はさすがだ。

特に、主人公がいつも追いつめられた土壇場の状況で示す潔さが印象的。ときには鬱陶しい正義感にさえみえるけれども、この気っぷの良さのようなものが、おそらく平成ニッポンの女性の一つの到達点ではないかと思えてくる。

2001~2003年に女性誌で連載、テレビドラマ化。(2005・5)

林真理子「anego」

« 「夜のピクニック」 | Main | 横山秀夫ベスト »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「anego」:

« 「夜のピクニック」 | Main | 横山秀夫ベスト »