« March 2005 | Main | May 2005 »

April 22, 2005

「かわうその祭り」

大宅さんは収集家の鑑だよ。自分の収集品の無限の価値を知っていた。無価値といわれる物の真の価値を

「かわうその祭り」出久根達郎著(朝日新聞社)ISBN:4022500123

「獺祭(だっさい)」とは、収集品などを広げて悦に入る様子を、捕らえた魚を岸に並べる獺(カワウソ)になぞらえた言葉。正岡子規は「獺祭書屋主人」と号していたーー。そんなタイトルをはじめとして、蘊蓄が満載のコレクター小説。

満州にまつわる偽切手、怪しげなフィルム、大宅文庫の古雑誌。前半はテンポのいい酔狂列伝だ。それがクライマックスに向けては、国家の闇を発掘するミステリーへと転じていく。手際は鮮やかだ。

印象的なのは、闇そのものの種明かしというより、読者を種明かしに導いていく「古いものたち」の力のほうだろう。80、90年代の日本社会との対比で、ネットなどで簡単に手に入る文化や知識に対する、著者の深い疑念がにじむ。新聞連載の単行本化にあたり、最終章を加筆。(2005・3)

出久根達郎『かわうその祭り』

April 19, 2005

「となり町戦争」

「え~、この〔偵察員記録表〕は二枚複写式になっておりますので、この用紙に毎日、あなたの出勤時、退勤時にとなり町を通過した際の偵察情報を記録して、え、いただくことになります。ですから大事なことは」
係長は言葉を切ると、同じく役場の封筒に同封されていた黒い下敷きを取り出した。
「必ずこの下敷きを一日分の記録表の下に挟んで記録するということです。そうしないと、さらに下の紙にまで複写されてしまいますので」
「はあ」

「となり町戦争」三崎亜記著(集英社)ISBN:4087747409

「となり町との戦争のお知らせ」。会社員の「僕」はひとり暮らしのアパートの郵便受けに、自治体広報を見つける。やがて適地偵察に任じられた「僕」が見たもの、見なかったものとは。
身近なのに全く現実感がない戦いという、巧みな設定の話題作。印象的なのは、体験に裏打ちされていると思われる「役所仕事」の細部だ。公共事業の予算策定、近隣への説明会。意味を問わなくても、決められたことを着実に遂行する者によって、ことは進んでいく。その不気味さがリアルだ。第17回小説すばる新人賞受賞。(2005・3)

『となり町戦争』 三崎亜記 (集英社)
『となり町戦争』 三崎亜記 集英社

« March 2005 | Main | May 2005 »