« 「ストリート・キッズ」 | Main | 「『噂の真相』25年戦記」 »

March 05, 2005

「明日の記憶」

ポケットの中に詰め込んでいた大量の紙切れが路上に散乱した。一昨日の会議の結果、昨日の連絡事項、今日すべきこと、会う人、時間、場所。あらゆることを書き記したメモだ。あわててしゃがみこみ、そのレポート用紙やコピー用紙や会議資料の切れはしを拾い上げる。自分の脳味噌をかき集めるように。

「明日の記憶」荻原浩著(光文社)ISBN:4334924468

広告会社の営業部長。もうすぐ娘が結婚する。ごく普通の幸せを生きていた主人公を襲ったのは、若年性アルツハイマー。
「自分もひょっとしたら」と思わせるアルツハイマーチェックのシーンが話題。アルツハイマーと言えば、倍賞美津子の演技が感動的だった松井久子監督の映画「ユキエ」(1997年)を思い出す。スロー・グッバイ。認知症(痴呆)という病いは、愛する人、そして自分自身との緩やかな別離だ。別れたくないのに別れなければならない。一つ一つのエピソードで丹念に描かれるそんな焦燥感が、なんともリアルで切ない。現実は静かに、自分という存在を裏切り続ける。そして迎えた寂寥の朝に、主人公は、そして読者は、決して、すべてを失うわけではないことを知る。山本周五郎賞受賞。(2005/3)

荻原浩
明日の記憶( 荻原浩)

« 「ストリート・キッズ」 | Main | 「『噂の真相』25年戦記」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「明日の記憶」:

« 「ストリート・キッズ」 | Main | 「『噂の真相』25年戦記」 »