« 「停電の夜に」 | Main | 「明日の記憶」 »

March 05, 2005

「ストリート・キッズ」

「まず第一に、標的の靴を見るんだ、ニール。靴だ」何度目かの路上講習のときに、グレアムがニールに言った。「理由はふたつ。一、人込みの中でも、常に標的を見分けられる。二、標的が振り返っておまえを見ても、下を向いているから、おめめとおめめが合わずにすむ」

「ストリート・キッズ」ドン・ウィンズロウ著(創元推理文庫)ISBN:4488288014

元ストリート・キッズの探偵、ニール・ケアリーが活躍するシリーズ一作目。副大統領候補の娘の行方を捜して、ニューヨークからロンドンへ渡る。
とにかく盛りだくさんだ。車や稀覯本のうんちく、アクション、恋。それを一つにまとめているのは、不幸な生い立ちでひねくれているようだけど、実は心優しいニールの成長物語。その才能を見いだし、探偵術を仕込み、見守り続けるジョー・グレアムが魅力的だ。東江一紀訳。(2005/2)

ストリート・キッズ/ドン・ウィンズロウ/創元推理文庫
【映画】T3のニック・スタールがドン・ウィンズロウ原作「ストリート・キッズ」に出演

« 「停電の夜に」 | Main | 「明日の記憶」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ストリート・キッズ」:

« 「停電の夜に」 | Main | 「明日の記憶」 »