« 「ニート」 | Main | 「ストリート・キッズ」 »

January 23, 2005

「停電の夜に」

サリーをまとい、額に赤丸をつけて、じゃらじゃら腕輪をはめている女を見たことがないのだろうか。文句をつけるとしたら何に対してか。サリーの裾にこすられたとはいえ、いまだ足に消え残っている赤い染料は見えているだろうか。
ようやくミセス・クロフトが言いたいことを口にした。疑わしさとうれしさを等量に込めた、あの口調だった。
「完璧。いい人を見つけたね!」

「停電の夜に」ジュンパ・ヒラリ著(新潮文庫)ISBN:4102142118

インド系ピュリツァー作家の出世作短編集。
インド系米国人が主役の作品と、インドの住民のものとがあるが、共通した、普遍的な味わいがある。人生は苦い。どんなに近くにいて、どんなに長く共に時を過ごしても、人と人は必ずしもわかりあえない。だからこそ日常の、温かい偶然が心の隅を強く照らす。O・ヘンリー賞ほか受賞。小川高義訳。(2005/1)

『停電の夜に』

« 「ニート」 | Main | 「ストリート・キッズ」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「停電の夜に」:

« 「ニート」 | Main | 「ストリート・キッズ」 »