« 「私は、産みたい」 | Main | ノンフィクションでは »

January 03, 2005

「犯人に告ぐ」

「これに対抗するにはどうしたらいいか。俺は考えた。そしてたどり着いた答えは……」
曾根は人差し指を立ててみせた。
「劇場型捜査だ」

「犯人に告ぐ」雫井脩介著(双葉社)ISBN:4575234990

子供を標的とする卑劣な無差別連続殺人犯が、報道番組に犯行声明を送りつけた。対抗すべく刑事、巻島はテレビカメラの前に立つ。

本題に入るまで70ページ、全編では360ページの長丁場をぐいぐい引っ張っていく。その秘密は、現実離れした舞台設定の驚きより、むしろ冷徹な心理描写の方にあるのだろう。あえて「対犯人」ではなく、捜査する側や報道する側の、いわば身内の駆け引きを主軸にした意外性が秀逸だ。

そして読み進むほどに、つい「これくらい許されるだろう」と思ってしまう人間の浅はかさ、「正義」というものの不確かさが浮かび上がる。多くのミステリー好きが絶賛の一冊。大藪春彦賞受賞。(2004/12)

☆追記 2007年10月豊川悦司主演で映画化。

ポン柑

« 「私は、産みたい」 | Main | ノンフィクションでは »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「犯人に告ぐ」:

» 犯人に告ぐ 感想 [たあさんの部屋別館~本の部屋~]
では、雫井さんの「犯人に告ぐ」感想を。 「犯人に告ぐ、今夜は震えて眠れ」 帯に [Read More]

» 【日曜日の一冊】こんな本を読んだ。(雫井脩介) [Hitparade BLOG]
●犯人に告ぐ 神奈川県下で連続児童殺人事件が発生。 過去の事件の失態により失脚していた巻島刑事が特別捜査官として復帰。 夜のニュース番組に出演し、姿の見えない... [Read More]

« 「私は、産みたい」 | Main | ノンフィクションでは »