« 「アフターダーク」 | Main | 「ららら科學の子」 »

November 07, 2004

「天才伝説 横山やすし」

「飲みませんか」
別人のように丁寧な口調になる。
「あとがありますから……」
ぼくは固辞する。
「さよか」
相手はブランデーをグラスに注ぎ、一気に半分ほど飲んだ。酒をたのしむ人の飲み方とは思えない。

「天才伝説 横山やすし」小林信彦著(文藝春秋)ISBN:4163537503

破天荒なひとりの芸人の、51年を描く評伝。
「漫才ブーム」の中でも別格の実力をもつ爆笑コンビであり、3面記事の事件でもお馴染み。何かと派手な浪速の「やっさん」。しかし、著者自身が実際に見聞きしたあれこれは、そんなイメージを見事に覆し、芸の求道者というもう一つの顔を浮かび上がらせる。ちょっと切ないくらい、時代遅れ。そう考えると、たけしとは3歳しか違わない、という指摘が意味するところは奥深い。80年の独演会の場面が圧巻。(1998/11)

物欲的日常: やっさん・寅さん

« 「アフターダーク」 | Main | 「ららら科學の子」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3458/1889330

Listed below are links to weblogs that reference 「天才伝説 横山やすし」:

» やっさん・寅さん [物欲的日常]
小林信彦の小説も好きだけど、こういう本も好きだったりするのね。 天才伝説 横山や [Read More]

« 「アフターダーク」 | Main | 「ららら科學の子」 »