« 「血と骨」 | Main | 「年収1/2時代の再就職」 »

September 23, 2004

「出口のない海」

審判を買って出たマスターが右手を高々と上げた。
「プレイボール!」
ドッと沸いた。マスターが涼しい顔で敵性語をグラウンド中に響かせたからだ。

「出口のない海」横山秀夫著(講談社)ISBN:4062124793

人間魚雷「回天」に乗り込むことを選んだ、元甲子園球児らの青春。
96年マガジン・ノベルス・ドキュメントの同名作品の改稿。海の特攻というものの歴史がわかる。著者らしい感動を期待すると少し違う印象かもしれないけれど。日本人のDNAに組み込まれたかのような野球への情熱が印象的。(2004/9)

トラックバックで読書三昧:出口のない海

« 「血と骨」 | Main | 「年収1/2時代の再就職」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3458/1501794

Listed below are links to weblogs that reference 「出口のない海」:

« 「血と骨」 | Main | 「年収1/2時代の再就職」 »