« 「しりとりえっせい」 | Main | 「空中ブランコ」 »

August 07, 2004

「ちいさいおうち」

そして、あたりの けしきは、まいにち、すこしずつ かわって いきました。
けれども、ちいさい おうちは、いつも おなじでした。

「ちいさいおうち」ばーじにあ・ばーとん作(岩波書店)ISBN:4001151065

美しい自然に囲まれていた一軒の家。でも徐々に周囲が都会になって…。
「本好きpeople」のTB企画「子供の頃に読んで、いまでも心に残っている本」で思い出した。実家が取り壊しで古本を処分するとき、「赤毛のアン」などと共にもらってきた一冊。筋書きに込められたメッセージは、いまならスローライフ志向と呼べるものなのかもしれない。けれど個人的に、いま読み返してみて最も心を揺さぶられるのは、そうしたテーマよりも、薄い絵本一冊が表現する、なんとも言えない世界の広がりだ。楕円の重なり合う独特の美しい絵で、四季のうつろいも、ビルが立ち並ぶ喧噪の街も、人間何代にもわたる歳月までも描ききっている。石井桃子訳。コルデコット賞受賞。(1968年ごろ)

ちなみに冒険活劇「三銃士」も子供時代の愛読書だった。もちろん児童向けバージョン。長じて文庫で読んで、あの内容にはびっくりしました、、

本好きPeople

« 「しりとりえっせい」 | Main | 「空中ブランコ」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ちいさいおうち」:

« 「しりとりえっせい」 | Main | 「空中ブランコ」 »