« 「図書室の海」 | Main | 「しりとりえっせい」 »

July 24, 2004

「平成三十年」

「日本は横町の隠居ですか」
パーソナル電機相談役の和田守彦も笑い出した。
「パイプラインや飛行機だけじゃありませんよ。情報でも日本の発信は少ないですよ」
テレビ放送会社会長の九鬼孝も私語に加わった。
「そら大変や。横町の隠居ならせめて噂話ぐらいは詳しないとあかんのに」
長谷川がおどけた口調でみなを笑わせた。

「平成三十年」堺屋太一著(朝日文庫)ISBN:4022643242 ISBN:4022643250

2018年。日本経済は高齢化と資源危機で国際競争力を失い、円安、物価高にあえいでいる。産業情報相、織田は大胆な改革論を看板に、天下分け目の選挙を仕掛けるが…。
「団塊の世代」の名付け親が描く、近未来シミュレーション小説。新聞連載が1997年から98年、閣僚就任期間を経て、2002年に大幅加筆して単行本となった。しかし「あとがき」によれば、経済社会の描写はほとんど手直しの必要がなく、2004年初頭の文庫化に至っては、誤植訂正程度にとどまったという。それほどまでに、当初予測した「何もしなかった日本」が、現実となりつつあるというわけだ。脱出策として著者は、戦国武将になぞらえた登場人物たちを通じ、年来の持論を説く。すなわち抜本的な規制緩和、開国、官僚支配の打破。さて、私たちが選ぶ現実はどのようなものなのだろうと、思案を巡らさずにはいられない。(2004/7)

home&dry: 東大講義録

« 「図書室の海」 | Main | 「しりとりえっせい」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「平成三十年」:

« 「図書室の海」 | Main | 「しりとりえっせい」 »