« 「日本三文オペラ」 | Main | 「平成三十年」 »

July 18, 2004

「図書室の海」

みんなで、夜、歩く。それだけのことが、なぜこんなに特別なんだろうね。
そうだね。ほんとだね。
明日は最後の「ピクニック」。どうしてピクニックの前の晩は、こんなにわくわくどきどきして、そしてちょっぴり憂鬱なんだろう。

「図書室の海」恩田陸著(新潮社)ISBN:4103971045

人気作の番外編などを含む短編集。時間と思いの連鎖を軸にした、不思議な手触りのSFやホラー。いつかまとめて読もうと思いながら、なかなか果たせてない作家だが、「本編」を未読の私にも十分楽しめた。あとがきで作品ごとに、着想を得た経緯や雑誌では没になったことなどが綴られていて、こちらも興味深い。(2002/6)

続かざる日々のひとりごと(HSJ.jp): 木曜組曲(恩田陸)、読了。

« 「日本三文オペラ」 | Main | 「平成三十年」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「図書室の海」:

« 「日本三文オペラ」 | Main | 「平成三十年」 »