« 「ななつのこ」 | Main | 「日本三文オペラ」 »

July 18, 2004

「ロシヤにおける広瀬武夫」

広瀬は一メートル七五もあるから、日本人としては大男のほうである。決してたちうちできぬほどの小男と思われてはいなかったが、相手の虚をつくその機転、大の男を手玉にとって投げつけるその武勇が、一座の人々に驚くべき日本人という印象を深くきざみつけた。広瀬びいきのコヴァレフスキー少佐夫人などは大喜びで、いつまでも手を叩いている。
ーーヒロセ君に乾杯!!
という声がどこからかきこえて、一同の盃に酒はまたなみなみとそそがれた。片隅に立ってじっと見ていたアリアズナ・ウラジーミロヴナの目は輝いた。

「ロシヤにおける広瀬武夫」島田謹二著(朝日新聞社)ISBN:4022591579 ISBN:4022591587

比較文学者、島田謹二が書簡などを元に丹念に描き出した評伝。
日露戦争に従軍し、旅順に散った広瀬中佐。無骨な明治の英雄は意外にも、ロシアに6年間駐在した国際派エリートであり、その青春には国境を超えた恋もあった。日本が上り坂だった時代の若者が、異文化体験をへて成長する姿。そして、国家の対立に翻弄されるロマンス、、。知人の奨めで読み、爽やかさと一抹のむなしさを覚えた思い出の上下巻。いまではオンデマンド出版になっているようです。(1987/1)

« 「ななつのこ」 | Main | 「日本三文オペラ」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ロシヤにおける広瀬武夫」:

« 「ななつのこ」 | Main | 「日本三文オペラ」 »