« 「臨場」 | Main | 「女たちよ!」 »

June 20, 2004

「幻夜」

「ねえ、昼間の道を歩こうと思たらあかんよ」美冬がいった。深刻な口調だった。
意味がよくわからず雅也は彼女を見た。
「あたしらは夜の道を行くしかない。たとえ周りは昼のように明るくても、それは偽りの昼。そのことはもう諦めるしかない」

「幻夜」東野圭吾著(集英社)ISBN:4087746682

悪夢のような阪神大震災。その現場で、青年、雅也はある女と出会う。それは果てない夜の始まりだった…。

「白夜行」から4年半、またしても、これでもかと畳みかけられる数々の罠。500ページを超える長編で、多くの伏線を張りながら破綻無くつむいでいく筆力は、並大抵でない。

わけても、これほど悪魔的な魅力を持つ人物を造形しながら、決して多くを説明しない、その抑制が見事。容易に理由が語られないからこそ、生き抜いていくことの不幸、不条理が際だつのだろう。さらなる続編に期待。(2004/6)

東野圭吾「幻夜」

トラックバックで読書三昧:幻夜

« 「臨場」 | Main | 「女たちよ!」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「幻夜」:

» 幻 夜 [のほほんnohohon]
東野圭吾原作「幻夜」「白夜行」の続編的作品。彼女は一体何者なのか!! 「白夜行」の雪穂は小悪魔的だったけど、「幻夜」の美冬は おそろしすぎる程、冷酷で心のない悪魔。 小悪魔から完全なる悪魔への変貌はぞっとさせられました。 自分の目的の為に巧みに人をあやつ..... [Read More]

« 「臨場」 | Main | 「女たちよ!」 »