« 「人生張ってます」 | Main | 「プラハ旅日記」 »

May 05, 2004

「血族」

私の名は、こうやってつけられた。これでわかるように、母は、ひらめきの鋭い女だった。大胆な、思いきりのいい女だった。
しかし、はたして、それだけのことで、斬新奇抜な名がつけられるだろうか。私の疑念は、ずっと、いまにいたるまで解けないままでいる。

「血族」山口瞳著(文春文庫)ISBN:4167123045

名随筆家の、ミステリー要素もある私小説。
作家は母のことを、そして父のことを、ずっと考え続けている。同じところをぐるぐる回るように、微にいり細をうがってエピソードを語る。ほとんど一生をかけた長い長い物語。だけれど、やがて謎が解けた時にしみいる感動は、誰の胸にも宿っているとてもシンプルな思いだ。菊池寛賞受賞。(1998/2)

ぶくぶく BOOKS 2: 礼儀作法入門

« 「人生張ってます」 | Main | 「プラハ旅日記」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「血族」:

« 「人生張ってます」 | Main | 「プラハ旅日記」 »