« 「僕がテレビ屋サトーです」 | Main | 「絵描きの植田さん」 »

April 13, 2004

「巨怪伝」

大沢が、開けると大混乱になります、怪我人がでるかも知れません、と顔を青ざめさせて言っても、正力は、混乱したっていいじゃないか、と平然と言い放った。
これが正力流の発想だった。大混乱のなかをテレビ塔にのぼった体験は、必ず見物客に鮮明な印象を残す。

「巨怪伝」佐野眞一著(文藝春秋)ISBN:416349460X 

テレビ、プロ野球、原発。戦後日本の一断面を演出した正力松太郎の軌跡を、彼をとりまく影武者たちの素顔と共に綿密に描く。
おそらくは「カリスマ」と並ぶ著者の代表的な長編ノンフィクション。多くの人物が陰に日向に関わり、劇的な昭和史の一ページとなった「天覧試合」からも、このスケールの大きな現実主義者の執念が浮かび上がる。細かい字で600ページ、年譜、文献、索引も20ページ以上。圧倒的な細部の積み重ねの向こうに、登場人物たちの情念を導いた私たち「大衆」の姿が、おぼろげながら見えてくる。(1996/8)

俺のDVD!ログ: 7/10 だれが「本」を殺すのか

« 「僕がテレビ屋サトーです」 | Main | 「絵描きの植田さん」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「巨怪伝」:

« 「僕がテレビ屋サトーです」 | Main | 「絵描きの植田さん」 »