« 「レディ・ジョーカー」 | Main | 「誰か」 »

March 28, 2004

「片想い」

「礼なんかよりも、私に言うことがあるんじゃないんですか。それとも、死ぬまで私をその世界に入れてくださらないのですか」どういう世界だと訊く彼に、彼女は答える。「男の世界とかいうところです」

片想い」東野圭吾著(文藝春秋)ISBN:4163198806

スポーツライター、哲朗は再会した元アメフト部のマネージャー、美月から殺人の告白を受ける。彼女を逃がすことができるか…。
テーマである性同一性障害については医師が著した「性の署名」(マネー、タッカー著、朝山新一訳、人文書院)が詳しい。所与のものと思われる性別も、実はあやふやなもの。この小説はそれを題材に、人と人がわかりあうことの難しさ、深い孤独を描き出して切ない。
本格推理も活劇もSFもこなす筆者の巧さが光る長編。サービス精神を評価してほとんどの著作を読んでいるけれど、これがベストではないか。(2001/5)

KITORA's Blog: 「パラレルワールド・ラブストーリー」読了

My Recommend Books ! | 『片想い』 東野 圭吾 文芸春秋(うさぎ)#sequel

« 「レディ・ジョーカー」 | Main | 「誰か」 »

Comments

こんにちは、KITORA です。

TB 有難うございました。
私も今年に入ってから半身浴読書しています。
難点は本がふやけてしまうことですので、
持って入るのは文庫かノベルスがほとんどです。

COCO2 さんの推奨ベストとのことですので、「片思い」
(私的)次期チャレンジリストに入れておきます。(#^.^#)

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「片想い」:

« 「レディ・ジョーカー」 | Main | 「誰か」 »