« 「航路」 | Main | 「王妃の離婚」 »

March 28, 2004

「動機」

上司にも目をかけられ、同期の中でも頭一つ抜け出している自負が合った。そんな頃だった、あの女とばったり出くわしたのは。夏……。あの年の夏も暑かった。

「動機」横山秀夫著(文春文庫)ISBN:4167659026

日本推理作家協会賞受賞の表題作を含む読み応えある短編集。中でも「逆転の夏」が印象的だ。主人公は元服役囚で、刑事や新聞記者であることが多いこの作家としては異色。
別れた妻への送金を生き甲斐に、過去を隠して暮らしている。そんな彼のもとへ、ある夏の夜、匿名の電話がかかる。用件はなんと殺人の依頼…。緻密な構成のサスペンスであると同時に、罪を犯す者、被害にあう者、後に残される者、それぞれの心の奥を分厚く描き、まるで長編小説のようだ。親子の情に、一筋の希望が宿る。(2003/11)

KITORA's Blog: 「動機」読了

« 「航路」 | Main | 「王妃の離婚」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「動機」:

» 男のミステリー [本と音楽と…]
動機 横山 秀夫 2001年版このミステリーがすごい!第2位。短編集。この人は期待をまったく裏切らない。短編とは言え、切迫感、臨場感、心理描写…どこを取... [Read More]

« 「航路」 | Main | 「王妃の離婚」 »