« 「トリツカレ男」 | Main | 「動機」 »

March 28, 2004

「航路」

あれがどこなのかわかる。わたしは知っている。そう思ったとき、あの恐怖感がもどってきた。これまでよりも強く。

「航路」コニー・ウィルス著、大森望訳(ソニー・マガジンズ)ISBN:4789724387 ISBN:4789724395 

冬のデンヴァー。大病院に勤める認知心理学者、ジョアンナは神経内科医のリチャードと組んで、「疑似臨死体験」という実験に挑む。目標は、人が死の直前に見るものを科学的に解明すること。

800ページになんなんとする長編で、容易に謎は解明されない。しかし、それは決してオカルトではないこのストーリーに、必要な長さなのだろう。生命の力とは、つまるところ何なのか。生き生きした会話と細部の積み重ねがあるから、怒濤のクライマックスで登場人物の「強さ」を信頼することができる。(2003/5)

|航路(下)   darjeeling and book

航路  りつこの読書メモ

« 「トリツカレ男」 | Main | 「動機」 »

Comments

こんばんは。
トラックバックありがとうございます。

わたしはSFが苦手なのですが
コニー・ウィリスの小説だけは読めるんです。
よかったですねー。
「ドゥームズディ・ブック」もとてもおもしろかったです。

そうですか、「ドゥームズディ・ブック」。未読なので、チェックしてみます。いまちょっと課題図書が山積ではありますが、、

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「航路」:

« 「トリツカレ男」 | Main | 「動機」 »