« 「越境人たち 六月の祭り」 | Main | 「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」 »

March 28, 2004

「子宮癌のおかげです」

「ガンって留学生をホームステイさせてるようなもんなのね」と私。「可愛がっとけよ、すぐに出ていく人だからな」「「ペット・ネームつけてやろうかな」「いいかもしれない」「子袋宮癌子さまなんてどう?」

「子宮癌のおかげです」渥美雅子著(工作舎)ISBN:487502374X

著名女性弁護士が告知から術後までの57日間を赤裸々につづった。全摘の決断は素早く、夫との会話は漫才のような掛け合いで、ひたすら前向き、ひたすら明るい。それは同病の、あるいは様々な病に悩むすべての人に向けた応援歌だからだ。
明るいからこそ、命の重さをかみしめるラストシーンが胸に響く。手術の概要からリハビリの体操まで、イラストを使った実用的な解説付き。(2004/1)

« 「越境人たち 六月の祭り」 | Main | 「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「子宮癌のおかげです」:

« 「越境人たち 六月の祭り」 | Main | 「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」 »