« 「二列目の人生 隠れた異才たち」 | Main | 「暗号解読」 »

March 28, 2004

「井上ひさし伝」

むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、そしてゆかいなことはあくまでゆかいに

「井上ひさし伝」桐原良光著(白水社)ISBN:4560049378

文壇記者27年の著者が描く「言葉の鬼」のできるまで。
孤児の少年時代、浅草のフランス座、そしてテレビの曙、どのエピソードも興味深い。なかでも「こまつ座」誕生の頃に考えたという「呪文のように長い標語」は、文章を書くすべての人の目標であると思う。(2001/10)

永遠のセルマ・リッター: 自家製文章読本 井上ひさし 新潮文庫

« 「二列目の人生 隠れた異才たち」 | Main | 「暗号解読」 »

Comments

トラックバック有り難うございました。
井上ひさしの小説は苦手なんですが、私の表題のような文章ノウハウものは好きです。
「井上ひさし伝」は読んでいませんが、機会があれば読んで見たいと思います。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「井上ひさし伝」:

» むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく [たまごの足跡~POPな言葉たち]
「井上ひさし伝」より。トラックバックさせていただきましたので、詳しくはトラックバック先のサイトをご覧下さい。自分もやはり、このフレーズがとても印象に残っている人間です。むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいこと..... [Read More]

« 「二列目の人生 隠れた異才たち」 | Main | 「暗号解読」 »