« 「東京コンフィデンシャル」 | Main | 「井上ひさし伝」 »

March 28, 2004

「二列目の人生 隠れた異才たち」

朝三時に起床、原稿を書く。八時に終わって、定刻出社。夜八時、就床。「意志の強い人でした。この点、明治人間ですよ」

「二列目の人生 隠れた異才たち」池内紀著(晶文社)ISBN:4794965664

学者、画家、料理人…。伝記エッセイで、第一人者の陰にかくれた16人に光をあてた。
例えば秦豊吉。帝劇社長などを歴任し、昭和8年にテレビの興隆を予見していた才人。一方でエリート商社マン時代にベルリン滞在の経験を持ち、退廃の色濃い著作を残した。軍国に向かう世相に反したその美意識を、著者は鴎外と重ねる。
実際に近くにいたら、少し辟易とするような異才たちの情熱。名声とはまた別の価値が、宝物のように胸に残る。(2003/6)

香水-ある人殺しの物語

ゆらゆらでい: キルロイ&キュゼラークが来たぞ

« 「東京コンフィデンシャル」 | Main | 「井上ひさし伝」 »

Comments

秦豊吉のことをもう少し知りたいのですが、直接ご存知でしたか?著書や経歴などは知っているのですが、実際、どういった人物だったかなど知りたいと思っております。もしよろしければ、何かご存知でしたら教えてください。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「二列目の人生 隠れた異才たち」:

« 「東京コンフィデンシャル」 | Main | 「井上ひさし伝」 »