« 「号泣する準備はできていた」 | Main | 「二列目の人生 隠れた異才たち」 »

March 28, 2004

「東京コンフィデンシャル」

当然日本語の字幕はなく、意味がわからないまま画面を見ていましたね。カラーです

「東京コンフィデンシャル」高瀬毅著(えい出版社)ISBN:4870998815

東京の様々な顔をテーマにしたルポルタージュ。神保町の項では戦時下、敵国アメリカの「風と共に去りぬ」を東大の教室で観た、というカフェのママさんの証言が登場する。
ほかにも五日市で「起草」された憲法や、武蔵野にあった国鉄スワローズの球場や、著者が発掘する東京の様々な顔は意外感いっぱいだ。少し突き放した筆致が、かえって暖かみを帯びている。(2003/10)

« 「号泣する準備はできていた」 | Main | 「二列目の人生 隠れた異才たち」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「東京コンフィデンシャル」:

« 「号泣する準備はできていた」 | Main | 「二列目の人生 隠れた異才たち」 »