« 「博士の愛した数式」 | Main | 「東京コンフィデンシャル」 »

March 28, 2004

「号泣する準備はできていた」

私は独身女のように自由で、既婚女のように孤独だ。もう一度、そう考えた。冷蔵庫から水をだして飲み、ガラスのテーブルに足をのせた。

「号泣する準備はできていた」江國香織著(新潮社)ISBN:4103808063

表題作ほか、恋や破局や青春の思い出を綴った12の短編集。
ディンクス、長期海外出張、フランス人との不倫。登場する女性たちの私生活は優雅だ。だから途中までは、彼女たちの悩みや空しさがとても贅沢に思えて少しいらだつ。
だが読み進むうちに、潔さのようなものが心地よくなってくる。何も解決せず、どの物語もポンと投げ出すように終わる。説明なし。「冷静と情熱のあいだ―Rosso」(角川文庫)で、辻仁成と比べ寡黙でストイックに感じたことを思い出す。直木賞受賞。(2004/3)

M's BookShelf

« 「博士の愛した数式」 | Main | 「東京コンフィデンシャル」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「号泣する準備はできていた」:

« 「博士の愛した数式」 | Main | 「東京コンフィデンシャル」 »