« 「本格小説」 | Main | 「号泣する準備はできていた」 »

March 28, 2004

「博士の愛した数式」

「いいや、ここにあるよ」彼は自分の胸を指差した。「とても遠慮深い数字だからね、目に付く所には姿を現わさないけれど、ちゃんと我々の心の中にあって、その小さな両手で世界を支えているのだ」

「博士の愛した数式」小川洋子著(新潮社)ISBN:410401303X

1992年3月、家政婦の私は64歳の数学者の家に通い始める。不運な事故の後遺症で、彼の記憶は80分しかもたない。やがて私の10歳の息子、ルートを交え3人の交流が始まる。
博士は毎朝、見慣れない自分と向き合うという過酷な運命を背負い、世捨て人のようにして生きている。けれども数学について語る言葉は美しい。虚数、友愛数、完全数…。
靴のサイズにも江夏の背番号にも、美がある。そのことを受け止める気持ちがあれば。記憶の消滅に負けない、一瞬の愛情を確信させる一編。ちょっとぶっきらぼうな「私」の語り口が心地よく、6月2日、タイガース戦観戦の高揚も印象的。読売文学賞小説賞、本屋大賞受賞。(2004/2)

chez sugi: 小川洋子『密やかな結晶』

Love Books: 2004年本屋大賞決まる!

トラックバックで読書三昧:博士の愛した数式

ゆずろぐ

« 「本格小説」 | Main | 「号泣する準備はできていた」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「博士の愛した数式」:

» 博士の愛した数式 [ゆずろぐ]
☆本☆ からすみ、という食べ物をご存知だろうか。 ぼらの卵巣を塩漬けして、乾燥さ [Read More]

» 博士の愛した数式/小川洋子 [葉兎の本棚]
『博士の愛した数式』小川洋子(著)【Amazon】 あけぼの家政婦紹介組合から [Read More]

» 「博士の愛した数式」の小川さんらに出版賞 [ついてる日記]
 日本数学会が選定した、数学の魅力を伝える出版に尽力した人をたたえる出版賞の、受賞者の一人に 博士の愛した数式 の小川洋子さんが選ばれました。  「数学が専門... [Read More]

« 「本格小説」 | Main | 「号泣する準備はできていた」 »