« 「葉桜の季節に君を想うということ」 | Main | 「本格小説」 »

March 28, 2004

「骨董市で家を買う」

古民家といえば、なんたって土間よ。土間といえば古民家よ。だから、土間から板敷きの玄関ホールにあがるようにしたいの

「骨董市で家を買う」服部真澄著(中公文庫)ISBN:4122037697

副題はハットリ邸古民家新築プロジェクト。1961年生まれのミステリー作家が福井の廃屋に惚れ込み、東京下町に移築するまでの奮闘記。
実体験をつづったノンフィクションとあるが、夫の視点から著者の言動を眺める形をとっており、その意味ではフィクションとして楽しめる。達者な筆運びで、工期遅れや予算など具体的かつ切実な悩みを軽妙に語られ、読み進むうちに家について考えさせられる。そうまでして、なぜ土間にこだわるのか? 職人が「この前は大学の資料館かなにかを塗った」と言うほど都会では珍しくなってしまった漆喰壁を選ぶのか? 
家造りについては「建てどき」(藤原和博著、情報センター出版局)がヒント満載で読み応えがあるが、ハットリ邸の場合は何だかお呼ばれしたくなる一冊といえそうだ。(2002/8)

骨董市で家を買う―ハットリ邸古民家新築プロジェクト

« 「葉桜の季節に君を想うということ」 | Main | 「本格小説」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「骨董市で家を買う」:

» 骨董市で家を買う―ハットリ邸古民家新築プロジェクト [三太・ケンチク・日記]
「骨董市で家を買う―ハットリ邸古民家新築プロジェクト」という本を、半年前ぐらいにブックオフで購入、やっと読み終わりました。といっても、読んだ時間は今日半日ですけど。其の一から其の十まで、それぞれの章が面白いし、各章の終わりに次の章の展開を暗示する記述がまた... [Read More]

« 「葉桜の季節に君を想うということ」 | Main | 「本格小説」 »