« 「死都日本」 | Main | 「トリツカレ男」 »

March 28, 2004

「クライマーズ・ハイ」

そして、なにより、佐山の目が悠木を驚かせた。ゾッとするほど暗く、憂いに満ちた瞳だった。

「クライマーズ・ハイ」横山秀夫著(文藝春秋)ISBN:4163220909

1985年8月12日、東京-大阪123便。日航機事故に直面した地方紙社会部デスク、悠木の一週間を描く。凄惨な現場を取材する佐山ら記者たち。報道とは何か、家族とは…。
この歴史に残る大惨事をテーマにした小説は他にも、「沈まぬ太陽」(山崎豊子著、新潮文庫)などもある。あまりにも事実が圧倒的で、容易には消化できないであろうところを、それでも書かずにいられないという気迫がにじむ。そういう思いも含めて、個人的には2003年度ナンバーワン。
この作家は、追いつめられた時、人がぎりぎり譲れない一線とはなにか、どうしても捨てられない大切なものとは何か、ということを考え続けているのではないだろうか。(2003/8)

Earthnut.net: book Archives

« 「死都日本」 | Main | 「トリツカレ男」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「クライマーズ・ハイ」:

» 長編もいいよ〜! [本と音楽と…]
クライマーズ・ハイ 横山 秀夫 2004年版このミステリーがすごい!第7位。一気に読んでしまった。やっぱりこの人は長編もすごかった!男同志の確執、友情…... [Read More]

« 「死都日本」 | Main | 「トリツカレ男」 »