2022.01.21

マリン

クイーン展のあと、ロンドン気分でフィッシュ&チップス専門店のマリンへ。渋谷西武A館B2にある、ごくカジュアルなカフェです。6455-2020。フィッシュサンドとコーラで、展覧会割引を利用して1350円。ポテトにケチャップ。このジャンク加減、たまにはいい。

Dsc_1178

 

2022.01.19

ルービン

コンサート前に、シティベーカリー・ブラッスリー・ルービンで腹ごしらえ。港区赤坂1-12-32アークヒルズ2F。3588-1018。

時間がないのでケーキにして、和栗モンブランとコニャック・ラズベリーチョコ。コーヒーを頼んで3182円。落ち着いたインテリアで、モーニング、ランチ、ディナーは石窯焼き、炭火焼き、インドのサブジやエジプトのコシャリとか、いろいろありそうです。

 

2022.01.14

MIYABI

神谷町へ出かけた帰りにMIYABIオランダヒルズ店で軽くランチ。明るいカフェ・べーカリーです。1Fのテーブルで。

合鴨カルボナーラとオレンジジュースで1080円。

Dsc_1144

2022.01.08

ホセ・ルイス

レッスン帰りにホセ・ルイスで食事。渋谷区渋谷2-24-12渋谷スクランブルスクエア13F。6452-6227。けっこう賑わっているレストラン街の、カジュアルなスペイン料理です。
 
2時間制で、コースTRADICIONは5940円。前菜はハモンセラーノとチョリソー、酸味がおいしいオマール海老のガスパチョ、ピンチョスの盛り合わせ。グリーンサラダは鮪のカルパッチョが隠れている。ポルトペーロマッシュルームのアヒージョのあと、名物スフレトルティージャ。キタアカリを生クリームやグリエールチーズ、卵黄、メレンゲとともに南部鉄器に流し込み、モッツァレラチーズを挟んで焼いて、さらにエメンタルチーズとパルメザンチーズのエスプーマを盛ってあるそうです。ふわふわの食感が新しい。
イベルコベジョータのかりかりロースカツレツを挟んで、〆はイカ墨のパエリア。アイオリソースをつけながら。フィデワ(パスタのパエリア)も選べます。
SPANISH WINE FREE FLOW90分・2500円を追加し、カバから始めてベリーたっぷりの赤ワインのサングリア、シェリーのジンジャー割、グラスワインなどを頂く。デザートにバスク風チーズケーキと、名物の人参クレマカタラーナが出て、ひとり8000円強と手頃です。

わいわい気軽な食事会向き。平日は2600円で前菜とご飯もののセットもあります。本店はマドリッドで、リゾートホテルやつるとんたん等を手広く展開しているカトープレジャーグループが経営。

Img_7311 Img_7313 Img_7314 Img_7319 Img_7321 Img_7324 Img_7327 Img_7330 Img_7335 Img_7337 Img_7342 Img_7344 Img_7351 Img_7352

2021.12.25

銀座大石

日比谷で観劇のあと、銀座大石でクリスマスディナー。中央区銀座2-10-11 マロニエ通り銀座館2F。6278-8183。小さいビルにあるフレンチ。カウンター12席が同時進行、常連さんが多く、料理とともに大石義壱シェフの賑やかなおしゃべりを楽しみながら、たっぷり3時間。燕三条の青首鴨や豊後水道のマナガツオ、十勝の月光百合根、下仁田葱などなど、迫力ある素材を見せてもらい、炭火調理の過程も眺めて、エンタメ感たっぷりです。

おまかせコース2万6950円は、和の素材を生かしつつ、ボリューム満点なので量の調節を頼める。一口バター茶に始まり、軽いグジェールはマスノスケのタルタルに燻製キャビア。カリフラワーのムースと塩水雲丹のジュレがけに続き、なんと握りでボタン海老マデラ酒漬けとバルサミコ酢のシャリ。スープはすっぽんと4種の貝にほっこり蕪。さらに八寸は色鮮やかな3種のテリーヌ(野菜とオマール海老、牛頬肉にレンズ豆と焼茄子、山鳩・うずらと赤キャベツ)。
雲子グラタンはモンドールチーズと黒トリュフを控えめに。マナガツオのポワレは芋と貝のソース、燻製キャビアを添えて。
メーン1皿目あたりからペースダウンをお願いし、青首鴨のグリルは黒トリュフ、林檎のキャラメリゼと。追加で手羽やササミ、砂肝、レバーを挙手して頂く。口直しのスイカ(高知のルナピエナ)ジュースとライムシャーベットを挟み、いよいよ松阪牛ヒレ肉炭焼き。百合根のパイ包みも美味。お酒は日本酒もまじえ、ペアリングで頂きました。
さらにご飯ものが2皿あり、まず毛蟹の炊き込みご飯にブイヤベースを注いで。さらにびっくりのカレー。これはさらっとして意外に入る。
デザートは焼き目をつけて仕上げるクリスマスケーキ。そしてクレープシュゼットはミカン(紅まどんな)とチョコムース。ハーブティーも数種から選べます。
ひとり4万3000円ほどと贅沢しました~ シェフは四ッ谷・北島亭で16年スーシェフを務めたとのこと。帰りに次の予約を尋ねる方式。ご馳走さまでした!

Img_9081 Img_9083 Img_9084 Img_9091 Img_9092 Img_9088 Img_9095 Img_9097 Img_9098 Img_9099 Img_9103 Img_9109 Img_9113 Img_9118  Img_9123Img_9129Img_9131Img_9133Img_9135Img_9141Img_9145Img_9148Img_9151Img_9154Img_9159Img_9163Img_9167Img_9168Img_9169Img_9171Img_9174Img_9175Img_9177Img_9179

2021.12.18

sumile

観劇帰りに奥渋のsumile tokyoでサクッとディナー。渋谷区神山町40-5小松ビル。5738-7139。通りに面したガラス張りで、アンティーク調のインテリアが落ち着く。
ゆで卵ウフマヨ、サラダ、南瓜スープ、ポモドーロ、ステーキをもらって、モレッティやグラスワインと合わせ、ひとり6000円ほど。
コースも5000円ぐらいから。

Img_8977 Img_8979 Img_8980 Img_8981 Img_8982

2021.12.15

学士会館

フレンチのラタンで会食。学士会館の個室で。カンパチのマリネ、人参のクリームソース、舌平目と天使海老のポアレ、牛肉の煮込み、キャラメル・ポアールムース、コーヒー。5500円+お酒。

2021.12.11

ネモ

観劇帰りにNeMo(ネモ)で贅沢ディナー。港区南青山6-15-4B1。5962-6085。表参道から10分、青学裏の静かなあたりにある6月オープンのフレンチ。肩が凝らず、すべてに行き届いて素晴らしい。

ダイニングは細長く、木目と白のインテリアでくつろげる。コース1万5000円は魚中心で、素材を生かしていてほっこり。まず多治見で作ってもらったという美しい細工の白箱で「海幸・山幸」。カンパチにカリフラワー、サフラン風味ビネグレットが爽やか。見事な伊勢エビをみせてもらってから、その身の上に濃厚スープを注いで。焼きたて国産小麦パンで思わずすくっちゃう。旬の甘~い勢子蟹は、蕪の米粉揚げと。
白子は焼き茄子などと合わせて。
お楽しみ穴子は、人気のローストしたマカダミアナッツをまぶして香ばしく。タイムとレモン風味の根セロリもちょっとアジア風で面白い。珍しい「梅色」は鰆に似た魚で、皮目をパリッと、アーティチョークのソースで。メーンはどーんとローズマリーとニンニクをまとった塊肉をみせてもらってから、その仔羊のローストに、卓上でグラタンを添えて。<ペアリングのワインも重すぎず、あえて少し酸化させたものなど珍しいチョイスも。穴子の皿に合わせ緑茶を挟んでもらい、2段重ねの器に温度をかえて3回くらい淹れてくれた。お酒も美味しく飲めて良い。
デザートはまずいろんな柑橘のクリーム。そしてびっくりのまるごとトマトのコンポートに、別皿でメープルのアイスクリーム。口の中で混ぜてね、と。美味。コーヒーに、ラム酒の香りのカヌレ、小さいキャラメルまでしっかり頂きました。

接客は朗らかで心地良い。若いシェフ根本憲一さんはカンテサンス、ソムリエ・支配人の寺島唯斗さんはベージュアランディカス東京出身とのこと。作家ものの器や英スタジオウィリアムの細身のカトラリーもお洒落。楽しみなお店です! テーブル7卓に個室もあり。

Img_8858 Img_8860 Img_8864 Img_8865 Img_8868 Img_8874 Img_8876 Img_8879 Img_8880 Img_8882 Img_8886 Img_8891 Img_8892 Img_8894 Img_8903 Img_8906 Img_8909 Img_8914 Img_8922 Img_8927 Img_8929 Img_8933 Img_8936

2021.12.05

フィオーレ

文楽仲間と久々、フィオーレで食事。千代田区二番町3-11 vort二番町ビル B1F。050-5570-5834。二番町にあるごくカジュアルなイタリアンです。
生ハムやサラダ、パスタ、ピザなどでひと66000円程度と手軽。

2021.11.30

ノスタルジー

楽しい恵比寿ノスタルジーの会。前菜盛り合わせ、シーザーサラダ、シーフードグリル、パスタにリゾット。軽く呑んで、ほかにデザートとコーヒーで7000円はお得~

262545317_1001488460410435_6762501690351 262528966_1001488513743763_4597483806940 262900930_1001488537077094_2575478218687 262329781_1001488583743756_7664649926010 262428824_1001488610410420_8348632923771

より以前の記事一覧