2018.09.01

ビストロ トランク

落語会帰りにまたトランク。レンガ坂にある小さい古民家のビストロで、雰囲気も料理もなかなか秀逸。中野区中野3-36-4。6382-7891。今回は細長い1Fのカウンターで、フランス滞在経験のあるナカタ似のシェフとおしゃべりしながら。チャージ400円。
まず、なみなみとついでくれるスパークリングを頂きつつ、コンソメジュレと雲丹のカクテル、キャビアをたっぷり載せて。旨味が素晴らしい。焼きシェーブルチーズはグリーンサラダと。1380円。円盤型のUFOズッキーニのソテーと穴子のラケ(照り焼き)は濃厚。ソースのトマトも美味しい。1480円。バベッド(ハラミ)ステーキとポテトは、珍しい赤ワインバターをつけながら。1980円。お腹いっぱいで、最後はミントグリーンティー。シャーベットを出してくれました。ワインは白、赤をグラスで頂き、1杯800~1200円程度。ひとり6000円強。

20180901_006_2

20180901_008

20180901_009

20180901_011

20180901_013

2018.08.27

クレッセント

若い知人の結婚祝いで、レストランクレッセントで贅沢ディナー。結婚式を挙げた思い出の店で、幸せを祈る。もうウエディングは辞めて久しいとのことですが、歴史あるヴィクトリア調洋館の風格はそのまま。2Fの個室バロックルームで。古風な食器棚などが明るくも重厚だ。
コース「ムニュ・ドゥ・スポンタネ 夏の味わい」2万7000円。かなりゆったり進むけど、会話が弾んで気にならない。ひと皿ごとに季節感と複雑な素材の組み合わせ、見た目の華やかさを楽しめる。
一口アミューズのあと、インパクト大のトマト農園のコンプレッション。丁寧にヘタもついた四角いトマトが可愛い。天然鮎と胡瓜のコンポジションは緑が鮮やか。あおり烏賊と黒トリュフのブランケットは旨味がたっぷりだ。真子鰈のムニエルはピスタチオオイルのエミュルション(乳化させたピュレ)。メインディッシュのお肉は和牛などからチョイス。お酒はワインをグラスでもらう。お茶のマリアージュもあり、抹茶入り緑茶や濃いめの烏龍茶などが美味で、お酒が残らない。
季節のデザートにプティフールとコーヒー。さらに温かいタルト・ヴォードワーズはお土産に。ごちそうさま!
食事の途中に時ならぬ雷雨があったものの、終わる頃にはあがる。東京タワーを臨むバイカウントルーム、山小屋風のオールドクレッセントルームを見学させてもらいました。

40139565_469144193561585_7580455748

2018.08.22

BLOCKS

落語会帰りに塊肉&麦酒BLOCKS(ブロックス)で軽く食事。中野区中野2-11-4ルネッサ紅葉山。6304-8113。
各地のクラフトビールの飲み比べセット3杯1000円を2種類注文。日本酒の香りなどが面白い。熟成牛ロース200g3500円、プーリア発祥ののびるモッツアレラみたいなブッラータチーズとトマトのサラダ1280円、スモークサーモンの燻製マリネ650円、ポテサラ450円を頼んでひとり4000円強。けっこう満腹です。

2018.08.21

BEES BAR by NARISAWA

中華帰りにBEES BAR by NARISAWA に寄り道。名レストラン、ナリサワの成澤由浩シェフが開いたバーです。港区南青山2-14-15五十嵐ビルB1。5785-0799。赤坂消防署近く。
店内は非常にゆったり空間があって贅沢。当然、照明は暗く、中央にカウンター、周囲にソファやローテーブル。里山文化がテーマとあって、緑と自然の写真がオシャレで落ち着く。
オリジナルカクテルが豊富で楽しい。紫蘇など和の素材も駆使してひねりを効かせている。オリジナルじゃないけど「ネグローニ」にも初挑戦。カンパリ、ベルモット、ジンで確かに甘苦い。フィレンツェの夕焼けのイメージとか。美味。
葛粉と竹炭で作った黒いスナックが個性的。ポテトフライは香りがよく、ローズマリーとタイムをキッチン裏で育ててるそうです。ひとり4000円ほど。

Dsc_0423

Dsc_0426

2018.07.17

ぼっかすか

知人夫妻とぼっかすかで呑み会。文京区西片1-15-4。3811-3751。春日駅から徒歩数分の、小さいビアバー。
高い椅子のテーブルで。ウッディでトスカーナの民家のイメージだそうです。珍しく海外ビールの樽生が充実している。居酒屋風のおつまみもいろいろ。

2018.07.13

ダブルサンドイッチ

ダブルサンドイッチ大手町店でランチ。千代田区大手町1-9-5大手町フィナンシャルシティノースタワー。5202-1082。天然酵母のパンが自慢のようです。日替わりサンドとポテトチップ、ピクルスがついて1000円。お洒落です。サーモンとアボカドなど。ミールワークス経営。

2018.06.27

ラストシフォン

仕事帰りにラストシフォンでお茶。渋谷区神宮前1-11-6ラフォーレ原宿2F。6804-2989。
暮れなずむ原宿の街を眺める席で、ふわふわシフォンケーキの大きなピースをぱくつく。ぶどうシフォン1140円、ハッピーコーヒー216円。お腹いっぱいです。

2018.06.12

スーペル バッカーナ 銀座

スーベルバッカーナ銀座で呑み会。中央区銀座2-5-19。6264-4968。有楽町寄りのビルにある老舗シュラスコ店。
夜景がきれいな半ソファー席で。コースは2時間5400円1つだけ。お店の人が次々に、長い肉の串を持ってきて盛り付けてくれる。肉はピッカーニャ、クッピンなど12部位、ほかにパイナップルやチーズも。サラダ、デザート、コーヒーはビュッフェスタイルと鷹揚だ。お酒の飲み放題は2200円。
ほかにボックス席や個室もあるようです。ワイワイ大人数の宴会向き。

2018.06.11

綱島三井倶楽部

友人のはからいで、綱島三井倶楽部で豪華ディナー。大正2年竣工。白亜の洋館は、コンドル博士設計の堂々たるルネッサンス宮殿建築です。現役の古時計やマイセンの人形、ターナー「ヴェニス風景」など名画も。地下のワインセラーへ。1万2000本のコレクションのなかには1950年代のシャトーラトゥール、東京五輪開催を決定づけたという伝説のロマネコンティも。歴史だなあ。

暮れゆくディナールームで、ゆったりと正統フレンチの夕食。アミューズのあと、サゴチの昆布〆は大根のマリネを敷いて。ガスパチョに浮かべたスイカのジュレは爽やかだ。魚は鮎にファルスを詰めたパイ包み焼きで、季節感たっぷり。お肉は鹿肉ロースにシャンピニオンデュクセル(みじん切りソース)を挟んだパネ(パン粉焼き)。ワインをグラスで頂き、デザートはヨーグルトとモヒートを、ガラス器に層状にしたヴェリーヌ仕立て。コーヒー、小菓子まで頂いて大充実。あー、楽しかった!

20180610_008

20180610_094

20180610_138

20180610_142

20180610_144

20180610_145

20180610_146

20180610_148

20180610_149

20180610_155

20180610_156

20180610_162

20180610_167

2018.06.05

フレッシュネスバーガー

器展を見た後、フレッシュネスバーガー日本橋三井タワー店でランチ。アボカドバーガーとコーラで831円。

Dsc_0345

より以前の記事一覧