2021.08.14

青葉

落語と講談の会の合間に、「青葉」でランチ。豊島区西池袋1-1-25スパイス池袋東武13F。5928-1129。東武百貨店の上階にある牛タンの店。眺めの良い窓際のテーブルで。
特上牛タン食べ比べランチが2300円、リンゴ酢ドリンクなどをもらって、ひとり2500円ほど。時々食べたくなる味です。

Img_7019

2021.07.03

TSUKUMI

荻窪ルミネ5Fのカジュアルな和食TSUKUMIで軽くランチ。6383-5196。
日替わりの羽釜炊きが1210円、ざるうどんが1320円。

Img_6217 Img_6215

2021.06.04

サクラ食堂

サクラ食堂大手町店でランチ。千代田区大手町2-3-1大手町プレイスウェストタワー1fにある定食屋さん。050-5456-1916。

社食風。日替わりお肉定食と緑茶で1210円。ボリューム満点。

Dsc_0858

2021.04.17

喜わ

観劇帰りに代々木上原に転じて天ぷら喜わ(きわ)。渋谷区上原1-17-14上原ハウス1F。050-5456-7831。入り口付近にミニ庭園があり、広々して洒落た天ぷら屋さん。白木のカウンターで。
ゆかしコースは1万6500円。カリッとしたエビの頭、稚鮎、ジューシーな野菜、カリカリ穴子の骨、ふわふわの魚、もずく酢などを挟みつつ、贅沢なかき揚げ混ぜご飯まで美味。「美和桜」「外ケ濱」「日本刀」「無上盃」を頂き、ひとり2万円。
山の上出身の若々しいご主人が好印象。換気が悪くて、最後の方で油酔いしちゃったのが残念だったけど。

20210417-018 20210417-028 20210417-029 20210417-030 20210417-034 20210417-035 20210417-036 20210417-038 20210417-040 20210417-041 20210417-042 20210417-043 20210417-047 20210417-048 20210417-051 20210417-052 20210417-053 20210417-055 20210417-056 20210417-057 20210417-059 20210417-022 20210417-023 20210417-025

2021.04.09

鳥欧

同僚と鳥欧でミニ歓迎会。千代田区丸の内1-5-1新丸ビル5F。050-5594-6434。窓際のテービルなら、東京駅の夜景がきれいな焼き鳥屋さん。
黒岩土鶏コースは8品+2時間飲み放題で6500円と手頃。クレソンサラダ、美味な鶏スープ、鶏いくら(キンカン卵の醤油漬け)、アスパラ、鶏串塩3本、野菜串3本、鶏タレ2品に甘味。
ジビエ、鶏しゃぶのメニューも。

2021.04.06

地産十八番

仕事の合間に地産十八番でお手軽ランチ。千代田区大手町2-3-1大手町プレイス イーストタワー 1F。6262-7437。オフィス街の開放的なテーブルとカウンターの居酒屋です。
安くて満腹の唐揚げ定食。個数を選ぶ形式で、大根おろし3個で830円。
夜は博多のもつ鍋、仙台の牛タンなどと超炭酸ハイボール180円が売り物らしいです。大阪「UOMAN」グループの中央フードサービス経営。

Dsc_0823

2021.04.05

魚伸

同僚と魚伸でディナー。 千代田区 内神田 3-10-10 SNビル 1F。050-5596-5155。西口商店街にあるカウンターと2人テーブル一つのお寿司屋さん。神田のイメージを覆し、こざっぱりして若々しく、味も素晴らしい。

コース6000円でも一品料理と握り15酒ほどで、十分満足。お寿司は必ず味がついていて、漬けに柚子を散らすとか、ひねりが効いている。スペシャリテの「あん肝とスイカの奈良漬け」も面白い。お酒を少しだけ頼んでひとり7000円。

利き酒セットも3酒1000円、5種1500円と楽しい。8000円コースもあり。

Dsc_0820 Dsc_0821 Dsc_0822

2021.03.24

吉利谷中総本店

座禅帰りに吉利(きり)谷中総本店へ。台東区谷中3-2-6。050-5869-3968。旅館みたいな和風建築に、大小宴会場がたくさんある。テーブル席で。
以前来たときは鰻でした。この日は和食コースに飲み放題で5000円。前菜、胡麻豆富、お造り、若筍煮、鮪の佃煮、鱈の味噌包み焼、海老の茶香揚げ、お鮨とお吸い物、甘味。

2021.03.14

清水

大好きな劇作家夫妻と神楽坂の創彩割烹・清水で食事。路地を入ったところにある一軒家で、芸者さんの旧居を改装したという大正ロマンが素敵だ。新宿区神楽坂5-37。5261-2002。小さい、掘りごたつの個室で。
神楽コース7480円。雲丹豆腐が名物らしい。八寸、お造り、雲丹の蒸し物、魚塩焼き、肉煮込み、炊き込み飯、デザートと手堅いです。味もラベルもインパクトある「ジューシー雄町」(岡山・利守酒造)など、お酒もそこそこ頂いて、ひとり1万円強。
シェフは清水拓郎さん。

Dsc_0774

2021.03.10

そばがみ

日比谷のそばがみで昔の同僚、旦那さまと久々会食。千代田区有楽町1-1-2ミッドタウン日比谷3F。050-5597-4492。個室で。大きな商業施設に入っているとあって感染対策ばっちりだ。

2020年に閉店した日本料理の銀座神谷のグループとのことで上品。手頃なコース5500円は、いきなりスペシャリテの、たっぷりのカラスミがけがインパクト大です。山形・福島会津産の手打ち蕎麦とのこと。全7品で満足。お酒は写楽、鳳凰美田、九平次など、けっこう呑んでひとり1万円強。

Dsc_0772

より以前の記事一覧