2023.12.16

えん酌

地元仲間の忘年会でえん酌(えんくみ)。杉並区荻窪5-10-22美好屋ビル2F。050-5597-1184。荻窪南口から仲通りを10分弱歩いた、左側ビルの2Fにある居酒屋さん。銘酒の品揃えは常時約80種!30名強の貸切で。
コースは3時間飲み放題で6600円。「十四代をのぞく」だけど十分満足でしょ。サラダ、しめさば炙り、味噌田楽などたっぷり食べて、〆のおにぎりまで美味。店主も感じが良く、おおいに盛り上がりました。
店内は明るくて、広いカウンター席もあり、ふらっと立ち寄りやすそう。いいお店です!

Img_6056 Img_6055 Img_6064 Img_6069 Img_6061_20240204082701 Img_6066_20240204082701 Img_6068_20240204082701 Img_6070 Img_6072 Img_6073_20240204082701 Img_6076_20240204082801 Img_6083_20240204082801 Img_6090 Img_6093_20240204082801 Img_6097 Img_6102 Img_6103 Img_6107 Img_6104

2023.12.10

ウル虎

文楽仲間と観劇後に、ウル虎に連れて行ってもらいました。足立区千住3-31-15第二武田ビル3F。050-5571-0520。北千住駅前通りにある居酒屋名店。
インパクト大の真っ赤な紅ショウガ天580円のほか、いくつかおつまみを貰って、主眼の「痛風鍋」。禁断の牡蠣・白子・あん肝がたっぷりで、2人前6600円。2月末まで。
さらに日本酒26種が2時間飲み放題3300円。品揃えは毎日50種類以上あって、十四代、而今、新政は必ずあるとか。風の森、仙禽 雪だるま、磯自慢、〆張鶴しぼりたて、十四代などいろいろ呑んじゃいました。狭くて人気なので予約必須!

Img_5970 Img_5990 Img_5985 Img_5989 Img_5978 Img_5973 Img_5993 Img_6000 Img_5983

2023.11.22

愚庵

久々の先輩、同僚と丸ビルの愚庵。千代田区丸の内2-4-1丸ビル6F。6273-4888。紀州山海料理とうたう居酒屋です。ちょっとざわざわしたテーブルで。

鯛めしコースは7700円。お造り、いのぶた陶器蒸し、煮付け、天ぷら。特産物の梅酢エキスで育てるという梅真鯛の鯛めしは、2膳目はおにぎり持ち帰りにしてもらう。デザートもでて、ボリュームは十分。2時間飲み放題2750円にしました。

個室もあり。本社和歌山で「魚匠銀平」の湯川経営。街はもうクリスマス。
Dsc_2848 Dsc_2850

 

2023.11.12

くらま

琵琶湖旅行の打ち上げは、京都駅でニュートーキョー京都くらま店。ニシンの甘露煮、鶏から、サラダに梅酒や玉乃光などで5000円。

 

びわ湖ランチ

番外編でびわ湖旅行の食事。まず初日はお目当てびわ湖ホールでのオペラ鑑賞の前に、向かいのカフェコルネットで。大津商工会議所などのビルの1Fにある、広々したカフェテリアです。鍋焼きうどん650円、日替わり定食が600円。

Img_5032

翌日の湖畔散策の合間には、比叡山麓・鶴喜そば唐崎店でランチ。大津市唐崎1-23-1。077-5780-332。ロードサイドの広い店で、家族連れで賑わっていた。冬季限定の蕎麦ちゃんぽん1000円、かちんそば910円に、ビールと板わさをもらって3140円。かちんはお餅のことで、公家言葉の喝飯(かついい)からきているそうです。
享保元年(1716年)に延暦寺の賄い方僧侶が参詣客向けに創業。蕎麦粉のみを食す五穀断ち修行もあるとか。坂本の本家から独立した鶴喜そば製菓が経営。
Img_5273 Img_5281 Img_5278

2023.11.05

鯉々

銀座で買い物のあと、鯉々で遅めのランチ。中央区銀座1-6-10TAU2F。5579-9962。広島ブランドショップ2Fに入っているお好み焼の店。
だいぶ並んでからカウンターで、ビール、瀬戸内レモンハイボール600円で「がんす」をつまむ。白身のすりみに玉葱、唐辛子を入れてパン粉でかりっと揚げたもの。600円。美味。
お好み焼きは麺が選べて、季節らしい「蒸し麺・牡蠣祭」1600円と、卵がきれいな「生麺・鯉々焼」1300円。満腹です。

Dsc_0987 Dsc_0996 Dsc_1001 Dsc_1003

2023.11.03

小柴

誕生日ディナーの第二弾は津の森坂 小柴へ。新宿区荒木町15サンシャトー四谷203。6273-0195。曙橋にほど近い大好きな荒木町のちょっと外れで、炭火焼を中心にした端正な和食店です。吉野檜のカウンターで。

おまかせコースは2万3000円。前菜のあと、脂ののった鯖を手巻き鮨風に。ほっこりキンキのお椀、分厚い木耳。お造りはカワハギと、迷いカツオに干して揚げたエノキ。カリッと焼いたししゃものあと、彩り豊かな八寸。焼き魚は3種から選べて、フワフワの贅沢のどぐろ、鱧の松茸巻きをチョイス。蓮根団子の炊き合わせを挟んで、食事も3種から、丹羽黒鷄の親子丼、お楽しみ白米の土鍋炊きを。
お酒は料理に合わせて五勺ずつ出して頂く。日本酒が6種、器もいろいろで楽しい。6150円。和食に合うワインや焼酎もあるそうです。
シャインマスカットと無花果のデザートで〆。幸せ~

8年ぶりの日本だというサンフランシスコからのお客さんもいて、和やか。格好良い店主は小柴武さん。ほかに4人がけのテーブルも。

Img_4884 Img_4885 Img_4886 Img_4888 Img_4890 Img_4893 Img_4896 Img_4898 Img_4900 Img_4903 Img_4912 Img_4914 Img_4916 Img_4918 Img_4921 Img_4923 Img_4926 Img_4927 Img_4932 Img_4936 Img_4939 Img_4940 Img_4945 Img_4947

 

 

2023.11.01

魚金弐

講談帰りに軽く神保町魚金弐。千代田区神田神保町1-13-1。3233-7400。

贅沢な刺盛の「玉手箱」、黒糖空豆、焼きおにぎり、ポテトサラダに、作を少々。ひとり3700円ほど。間違いないですね。

2023.10.31

Onigily Cafe代々木公園

Gospelレッスン前に新しいOnigilynCafe代々木公園で腹ごしらえ。テイクアウトにきれいなカフェを併設。

おにぎり1個とお味噌汁で490円。おにぎりの種類がいろいろあって、作りたての雰囲気で楽しい。おにぎり2個とおかずのプレートもあるけど、ちょっと多いそうかな。

Dsc_2797

2023.10.14

天極堂

奈良旅行で、東大寺からほど近い吉野本葛 天極堂で葛尽くしの夕食。葛づくしコース3300円と、季節のコース3100円。
葛きりは甘い黒糖のシロップで食べるのが常だけど、きょうはお出汁で。これもまた美味。ビールを軽く飲んで1人4000円強とリーズナブル。

より以前の記事一覧