2017.03.25

音音

施設見学のあと、和食バル 音音 虎ノ門ヒルズ店でランチ。港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー3F。050-3467-3354。窓が広く開放感がある和食店です。カウンターで。

湯葉と豆冨の揚げ出しごはん         1000円。冷ややっこも付いて、豆腐づくしです。あっさりとして健康的。ほかにステーキや焼き魚、丼も。

夜のコースは5000円からと手ごろ。16人までの個室があるようです。
「土風炉」「過門香」のラムラ経営。

Dsc_0083

Dsc_0080

2017.03.24

銀波新宿東口店

銀波(ギンパ)新宿東口店で呑み会。新宿区新宿3-37-12新宿NOWAビル4F。050-3466-2672。JR新宿駅中央東口からルミネエストに沿って東南口方面に歩き、あおぞら銀行の隣。こぎれいで、けっこうゆったりした居酒屋だ。
宴会コースの飲み放題つきは5000円程度から。今回は6000円で、お刺身、和牛リブロースの陶板焼き、湯葉、鰆、河豚唐揚げ、ハラスの土鍋ご飯などとかなり充実している。ワイン追加などもっと贅沢な組み立ても可能。
あまり人数の多くない宴会向きか。

2017.03.03

瓢喜 香水亭

瓢喜香水亭六本木店で会食。港区六本木6-7-7 MERCURY六本木1・2F。050-3461-2562。繁華街のちょっと奥まった一角にある、落ち着いた和食店。端正な掘りごたつ形式の個室で。

コースとお酒でひとり1万5000円ほど。桜の枝を飾った豪華な前菜は、平貝にのせた貝盛り合わせとタラの芽、こごみ、スナップ豌豆という春らしい味。酒肴に鮑の酒蒸しと毛蟹、細魚酒盗和えのお造りのあと、お椀。箸休めに花山葵の土佐酢漬けに文旦を挟み、焼き物は牡丹海老の塩焼き、白魚いかだ焼き、ホワイトとグリーンのアスパラに椎茸味噌を添えて。煮物はほっこりと白子と田芹、白菜の昆布煮。贅沢に河豚雑炊で〆。デザートは苺、オレンジ、レモンジュレでさっぱりと。

若い社長夫妻も気持ちがいい。ガンバレ!

2017.02.24

湘南 海まる

丸ビルにある庶民的なおでんの店。鎌倉の蕎麦「鎌倉一茶庵」と辻堂のおでん「ひげでん姉妹店」のコラボだそうです。千代田区丸の内2-4-1丸ビル6F。3201-0750。

奥の掘りごたつ式のスペースは、大きい窓から美しい東京駅の夜景が目の前に。空間もゆったりしている。
メニューはシンプル。お通しに一くちアオサスープが出てきて、お刺身2種3000円弱、丸ごとのトマトや玉ねぎなどの、薄味のおでん1品300~500円、名物の釜揚げシラスサラダ1000円弱、〆におにぎり1個220円などをもらって、満腹だ。エビスビール各種、ジンビームハイボールなどを軽く呑んで一人5000円弱と良心的。

コースは5400円。少人数の飲み会に便利。

Dsc_0007


2017.02.20

梵天

建設関係の知人たちと酔床・梵天で呑み会。新宿区高田馬場1-31-8。3208-9747。
学生街にある気さくな居酒屋。田楽、天ぷら、鴨つくねなどちょっと上品めの居酒屋メニューが1000円未満で楽しめる。

2017.02.19

Bakuの夢

観劇帰りに東池袋からオフィス街をぶらぶら池袋方面に歩いて、Bakuの夢。豊島区南池袋2-22-1 高村ビル1F3971-7117。端正な会席の店。

お刺身盛2人前2800円、厚焼き玉子610円、鴨葱しゃぶしゃぶ2800円は、残った出汁でお蕎麦。
田酒950円と白瀧850円を呑み、ちょこっとパフェで〆。ひとり4000円強。割とちゃんとした食事向き。

20170218_006_2

20170218_015_2

20170218_018

20170218_019

2017.02.07

EXCELLO しずおか屋

落語会帰りに偶然会った知人とEXCELLO しずおか屋。世田谷区北沢2-6-6 澤田ビル202。3465-6154。
劇場の真ん前にある、ソウルミュージックが流れる昭和な静岡おでんの店。黒はんぺんなどをセルフサービスでもらう。魚粉と青海苔をたっぷりかけて。

2017.02.04

一凛

半蔵門で文楽観劇のあと、一凛で贅沢ディナー。渋谷区神宮前2-19-5 AZUMAビル 2F。6410-7355。明治神宮前からも外苑前からも10分以上歩く、裏原宿のちょっと不便な住宅街にあるミシュラン二つ星。シェフは1970年、京都生まれで、NHKに出演しているという橋本幹造さん。清潔なカウンターと、テーブル4個ぐらいの小さい店。ご主人とおしゃべりできるカウンターで。

お任せコース、日本酒半合3種のペアリングで一人2万2500円です。料理は京料理をモダンにアレンジ。盛りだくさんの小鉢八寸など、大将自ら産地に足を運んでいるという素材の味が生きている。
大将ひとりで切り盛りするので、予約をとりにくいのが難だけど、これからも楽しみなお店です!

20170204_009

20170204_011

20170204_016

20170204_017

20170204_020

20170204_021

20170204_022

20170204_026

20170204_027

20170204_028

20170204_029

20170204_033

20170204_035

20170204_036

20170204_039


2017.02.02

粋酔

純米酒専門の粋酔日本橋東京店で呑み会。中央区日本橋3-7-10タンペイ日本橋ビルB1。3273-4011。日本橋タカシマヤ裏、ごちゃごちゃした通りのビル地下にある居酒屋さん。純米酒がいろいろ呑めて秀逸です!

2.5時間飲み放題付おまかせ全8品コースで6000円と良心的。おばんざい、スープなど料理もお酒に合う。12人程度の個室も。

Dsc_0050_3

Dsc_0051_3

Dsc_0052_3

Dsc_0053_3

Dsc_0054_3

Dsc_0055_3

Dsc_0056_3

Dsc_0057_3

Dsc_0058_3

2017.01.14

雷電

相撲観戦の前に、国技館内の雷電で腹ごしらえ。3625-2111。
名物焼鳥丼セット1100円とちゃんこセット1800円。ビールも飲んで一人2000円ちょっと。
行列ができているけど、きびきびしたサービスで気持ちがいい。大スクリーンの相撲中継で進行具合をチェックしながら食事できます。

より以前の記事一覧