2017.03.25

音音

施設見学のあと、和食バル 音音 虎ノ門ヒルズ店でランチ。港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー3F。050-3467-3354。窓が広く開放感がある和食店です。カウンターで。

湯葉と豆冨の揚げ出しごはん         1000円。冷ややっこも付いて、豆腐づくしです。あっさりとして健康的。ほかにステーキや焼き魚、丼も。

夜のコースは5000円からと手ごろ。16人までの個室があるようです。
「土風炉」「過門香」のラムラ経営。

Dsc_0083

Dsc_0080

2017.02.24

湘南 海まる

丸ビルにある庶民的なおでんの店。鎌倉の蕎麦「鎌倉一茶庵」と辻堂のおでん「ひげでん姉妹店」のコラボだそうです。千代田区丸の内2-4-1丸ビル6F。3201-0750。

奥の掘りごたつ式のスペースは、大きい窓から美しい東京駅の夜景が目の前に。空間もゆったりしている。
メニューはシンプル。お通しに一くちアオサスープが出てきて、お刺身2種3000円弱、丸ごとのトマトや玉ねぎなどの、薄味のおでん1品300~500円、名物の釜揚げシラスサラダ1000円弱、〆におにぎり1個220円などをもらって、満腹だ。エビスビール各種、ジンビームハイボールなどを軽く呑んで一人5000円弱と良心的。

コースは5400円。少人数の飲み会に便利。

Dsc_0007


2017.02.19

Bakuの夢

観劇帰りに東池袋からオフィス街をぶらぶら池袋方面に歩いて、Bakuの夢。豊島区南池袋2-22-1 高村ビル1F3971-7117。端正な会席の店。

お刺身盛2人前2800円、厚焼き玉子610円、鴨葱しゃぶしゃぶ2800円は、残った出汁でお蕎麦。
田酒950円と白瀧850円を呑み、ちょこっとパフェで〆。ひとり4000円強。割とちゃんとした食事向き。

20170218_006_2

20170218_015_2

20170218_018

20170218_019

2017.02.02

粋酔

純米酒専門の粋酔日本橋東京店で呑み会。中央区日本橋3-7-10タンペイ日本橋ビルB1。3273-4011。日本橋タカシマヤ裏、ごちゃごちゃした通りのビル地下にある居酒屋さん。純米酒がいろいろ呑めて秀逸です!

2.5時間飲み放題付おまかせ全8品コースで6000円と良心的。おばんざい、スープなど料理もお酒に合う。12人程度の個室も。

Dsc_0050_3

Dsc_0051_3

Dsc_0052_3

Dsc_0053_3

Dsc_0054_3

Dsc_0055_3

Dsc_0056_3

Dsc_0057_3

Dsc_0058_3

2017.01.14

雷電

相撲観戦の前に、国技館内の雷電で腹ごしらえ。3625-2111。
名物焼鳥丼セット1100円とちゃんこセット1800円。ビールも飲んで一人2000円ちょっと。
行列ができているけど、きびきびしたサービスで気持ちがいい。大スクリーンの相撲中継で進行具合をチェックしながら食事できます。

2017.01.11

坂ぐち

坂ぐちで呑み会。杉並区上荻1-13-7。3393 - 4564。

以前に来たことがある、荻窪駅西口から徒歩5分の上品な和食です。テーブル個室で。

コース7000円。カンカン尽くしの前菜から、季節感と工夫があります。ちゃんとした食事会向き。

Dsc_0001


Dsc_0002

Dsc_0003


2017.01.03

かがり

新年の会食でかがりへ。新宿区西新宿2-2-1京王プラザホテル本館2F。3344-0111。家族連れで賑わうお正月、落ち着いた雰囲気の和食店です。テーブル席で。

リッチなランチコース葵7500円は、めでたさ満載の盛り付けが美しい。先付は紅白なます、熨斗鶏と黒豆、数の子、ぼたん海老などのお造り。続いて鰈西京焼き、蟹あられ揚げとレンコン磯辺揚げ。炊き合わせはほっくり海老芋と鰊昆布巻き、筍。〆はじゃこご飯。そしてデザートにメロンと苺。美味しかったです。

20170103_001

20170103_013

20170103_017

20170103_018

20170103_019

2016.12.28

いなたや

年末とあって、いなたやで蕎麦。千代田区丸の内1-1-1 パレスビル地下1階。3287-1708。鳥取の蔵元が経営する稲田屋チェーンのひとつだ。
鴨汁せいろ1300円。安定感。夜は鍋会席が5000円程度からあるようです。

Dsc_0085

2016.12.24

まる富

観劇帰りにプレクリスマスの贅沢和食で「まる富」。新宿区住吉町2-18ウィン四谷109.6273-1003。曙橋にほど近いマンションビルにあり、4人がけのテーブル一つとカウンターだけ。

コース1万円は付け合わせまで手が込んでいて、ボリュームたっぷりだ。いきなり鱈白子の茶碗蒸し。向付は青森産ヒラメの薄造りを専用の分葱と、そして驚きのうにく(雲丹の牛巻き)。焼き物は、実は春より美味しい寒鰆の柚庵焼を湯葉の有馬煮と。芸術的なせこ蟹は蟹ジュレのせ。煮物は海老芋の素揚げに海老そぼろ餡。メーンは柔らかい岩手牛ヒレ肉ロースト。山わさびが香り高い。
地酒も豊富で、スパークリングワインのあと、秋田・福禄寿酒造の一白水成、三重・木屋正酒造の而今(じこん、美味!)、宮城・山和酒造店の山和を頂く。〆はぷりぷり牡蠣の炊き込みご飯で、食べきれない分は折詰にしてくれました。デザートのイチゴとマスカルポーネチーズまでしっかり頂き、大満足!
接客が丁寧で、感じのいいお店です。

20161223_005

20161223_007

20161223_009

20161223_011

20161223_013

20161223_017

20161223_018

20161223_024

20161223_025

20161223_029

20161223_031

20161223_034

2016.12.20

ふくの鳥

ずいぶん前に来たことがある、ふくの鳥神田店で飲み会。3251-2003。奥の半個室のようなスペースで20人ほど。
呑み放題を獺祭などを含むコースにグレードアップして、割引を使い、ひとり4500円。料理は鶏鍋の3000円。急に来られなくなった人の飲み物はちゃんとひいてくれて、丁寧です。

より以前の記事一覧