2022.08.30

ドリップエックスカフェ

番外編で大阪出張帰りの時間調整で、ドリップエックスカフェ。JR新大阪駅構内のエキマルシェ新大阪。ふんわり卵サンドとギネスで1450円。

Dsc_1608_20220917112301

浪花そば

番外編で大阪出張のランチは、浪花そば北浜店。大阪市中央区北浜2-4-14。06-4707-0248。肉つけ950円、肉すだちそば1100円。

Dsc_1602 Dsc_1604

先立つ朝食はいつものサンマルク。

Dsc_1599 Dsc_1597

2022.08.29

浅井

番外編で大阪出張の夕食は、同僚とおおさか料理浅井。半個室で魚、野菜をたっぷりと。

Dsc_1595

2021.11.26

ティーハウス ハンプトンコート

番外編で大阪出張の朝食。まさかのホテルのカフェが休業で、ボーイさんに教えてもらって近くのティーハウス・ハンプトンコートへ。天満橋筋をぶらぶら歩き、源八橋の反対方向へ折れたところにあるカフェ。アンティークなインテリアで、なかなか居心地いい。大阪市北区同心2-1-16。06-6881-2180。帰りの川沿いの散歩も気持ちいい。

おまけで仕事が終わり、帰りの新幹線で、神戸のすき焼きとステーキ弁当1200円。

Dsc_1077    Dsc_1081Dsc_1094

 

 

2021.11.25

寿し丸

番外編で大阪に出張した夜、知人夫妻に寿し丸に案内いただく。大阪市中央区東心斎橋2-8-5日宝ニューグランドビル1F。06-6212-7708。心斎橋・北改札から6番出口を出て、ごちゃごちゃした路地の雑居ビルにある、カウンターのお寿司やさん。
明るい大将が昨年事故で大けがをし、いったん引退。働いていた女性がオーナーを引き継いで、和食店に衣替え。週2回くらい、大将が来て握ってくれるそうです。贅沢食材をさりげなく。美味しかったです!

2021.10.24

UNI COFFEE ROASTERY

番外編で、横浜のイベント前にUNI COFFEE ROASTERY 日本大通り店でひと休み。横浜市中区弁天通1-1東京電力パワーグリッド神奈川総支社 1F。050-3623-3456。ハマスタにほど近いドッグカフェです。晴天でテラス席が気持ちいい。

たまごホットサンドとレモネードで890円。

Dsc_1004

2021.10.02

クエルドクエル

長野のコンサート帰りに、クエルドクエルでディナー。マダムが急な予約に戸惑いながらも対応してくれました。長野駅から徒歩5分。長野大通り沿い、外階段をあがるビストロです。長野市南千歳2-8-5長野大通りホテルナガノアベニュー2F。050-5285-3877。

1976年オープンだそうで、広いダイニングは昭和の乙女チックが満載。中央にピアノ、シャンデリアやキラキラ電飾、可愛い人形、置物が並んで楽しい。上品なマダムが丁寧に迎えてくれます。

コースはアミューズの後、名物だというワカメのポタージュを追加。渦巻き模様がインパクト大で、旨みたっぷりだ。メーンは「ステキなミスターQdeQステーキ1946」。万平ホテル出身のご主人が、なんと1964年東京五輪の選手村、帝国ホテル村上信夫シェフ配下の最年少スタッフだったことにちなんでいるとか。サーロインステーキに古典的なフレンチブラウンソース、マッシュポテト添え。スパークリングとワインを頂き、デザートとコーヒーでひとり1万円弱。
ご主人はもう高齢だけど、マドモワゼルミホが受け継いでいるとのこと。ごちそうさま!

Img_6978 Img_6980 Img_6983 Img_6984 Img_6985 Img_6988 Img_6990 Img_6991 Img_6993 Img_6995

丸新

番外編で長野のランチ。JR長野駅前から善光寺に向かう通り沿いの、手打ちそば丸新。長野市西後町1549。026-232-2986。
元は食堂で、百年近く続いてるそうです。昭和テイストでごく普通なのがいい。窓際の席は明るいし。お蕎麦は信州産の石臼挽きで、細くてつるつる。天ざるは1350円。

Img_6920_20211010152301 Img_6921_20211010152301 Img_6924_20211010152401

 

2021.07.09

BUON GRANDE

番外編で大阪のイタリアン、ボーングランデで同僚とディナー。中央区北浜2-1-3。06-6202-1991。川沿いのテラスが気持ちいい。
コース5000円に、ビールやグラスワインを軽く呑んで、ひとり6000円強。

2020.02.15

二木屋

番外編で旅仲間と二木屋でランチ。さいたま市中央区大戸4-14-2。048-825-4777。
北浦和から歩いて10分ほどの住宅街にある、昭和の日本家屋は、国登録有形文化財の旧小林英三邸。小林家は毛利家家老の家柄で、食品缶詰で財をなした。英三は籾殻竈の発明がヒットし、政治家に転身、自民党初の内閣(1955年)で厚生相も務めた。屋敷は戦時中に昭和10年築の軍人の家を買い取り、後に高松宮来訪などを契機に洋間、客殿を増築したとか。
その息子、玖仁男が料理屋として創業し、季節に雛人形コレクションを展示、人気になったそうです。享保時代などの貴重なアンティークや地方の個性的な人形が、所狭しと並んで、華やか。家族連れなどで賑やかでした~
庭を眺める明るいテーブル席で、ひな会席「毎来」6000円を頂く。まず菜の花、うるい、芹の白和え。凌ぎは玖仁男の曾祖母で料理研究家だったカツ子の100年前のレシピを再現した浅利のり巻。前菜は可愛い男雛の器が鰆の南蛮漬、女雛が里芋。五人囃子に見立てた五味仕立は花豆納豆、壬生菜芥子和え、苦瓜旨煮、酢取り大根、蛍烏賊塩辛。蛤真丈の潮椀をはさんで、お造りは鮪、勘八、鱸。聖護院大根と牡蠣の煮物。白菜、蕾菜、白木茸、蓮根にゼリー酢をかけた酢の物。メーンは鹿児島産黒毛和牛の素焼きステーキを山葵醤油と天然岩塩で。ビールやワインをもらい、籾殻竈炊きご飯と赤だしで〆。程よく湯気が抜けるように、お茶碗に穴があいているのが面白い。デザートは苺ムース。楽しかったです!

20200215-119 20200215-107 20200215-090 20200215-049 20200215-02820200215-06220200215-06520200215-06720200215-06820200215-07120200215-07420200215-07920200215-083

より以前の記事一覧