2016.12.12

BARVIDA

番外編で、出張先の大阪。BARVIDA(バルビダ)平野町三休橋店で軽くランチ。大阪市中央区平野町2ー5-14。06-6222-8115。道修町近くのオフィス街にあるカウンターだけのバー。
ランチは洋食プレートで780円。ほっこりとお腹にたまる野菜のスープに、ハンバーガー。手頃。夜は3000円程度で呑めるようです。

Dsc_0079

2016.10.23

ぶどうの丘

番外編で勝沼ワイナリーツアーのランチ。甲州市運営の観光施設で、豊富な地元ワインはもちろん、物販、宿泊、温泉、美術館などたっぷり遊べそう。
バーベキュースペースは南アルプスを望むテラスで気持ちがいい。3000円弱のセットに、贅沢ステーキやワインを持ち込んでご機嫌だ。

20161023_052

この日はまるき葡萄酒、白百合醸造を見学し、畑を案内頂いたり、たくさん試飲させてもらったりして、面白かったです!

20161023_007

20161023_015

20161023_035

20161023_057

20161023_073

20161023_086

2016.09.12

凛や

ディズニーシー帰りに「そば酒房 凛や」。浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F。047-305-5781。
山芋の磯辺揚げ、鴨スモーク、天ぷら盛り合わせに、へぎ蕎麦の大箱。お酒はビールと、〆張鶴をもらって一人4500円ほど。

2016.05.06

東北旅行

番外編で旅行先の鯵ヶ沢温泉、ロックウッド・ホテル&スパのフレンチディナー。
アミューズは帆立のタルタル。オードブルは鯵ヶ沢産イトウの軽くスモークしたマリネ、岩木山の野菜のゼリー寄せ。コンソメスープはアンデス芋ムースの桜の香りがいい。
青森産鮃のポワレの後、和牛ロースのポワレで満腹。デザートはりんごのタルトと白神塩アイス。上品で、普通に美味しかったです。

20160504_235

20160504_236

20160504_237

20160504_241

20160504_242

20160504_245

20160504_249

2016.05.04

雫石プリンスホテル

番外編で雫石プリンスホテルの夕食バイキング。
盛岡にあるベアレン醸造所の琥珀色のアルトビールと、デザートのチョコフォンデ。

Dsc_0502

Dsc_0504

2016.04.25

串カツだるま

番外編大阪旅行の仕上げは串カツ。だるま難波本店です。中央区難波1-5-24。06-6213-2033。法善寺にほど近い、ごみごみお店が集まった一角の居酒屋。地下で。

夕方早い時間からビール中生530円で乾杯。お約束2度づけ禁止の注意書きが面白い。
道頓堀コース1400円に、レンコン、山芋、帆立を追加して、ハイボールも呑んで一人3400円。さすがに安い!

大阪の味ですなあ。

20160424_058

20160424_060

2016.04.24

魚屋ひでぞう難波店

番外編で大阪の知人に、流行りのウラ難波を案内してもらいました。小ジャレ居酒屋の魚屋ひでぞう難波店へ。日本橋から難波へ向かう路地にある。大阪市難波千日前8-4。06-6648-8839。予約が難しい人気だそうです。2階席で。

お造り盛り合わせ、焼きもん、揚げもんと揃い、牛すじ味噌煮とか茄子田楽とか、居酒屋メニューが上品。落ち着いて呑めます。
本店は今里。近くに行列ができる立ち呑み店も。

2016.04.23

あべのハルカス

大阪あべのハルカスの展望台スカイガーデン300でお茶。300プカドック930円と、パインアイス400円。

2015.11.22

軽井沢プリンスホテル

番外編で軽井沢プリンスホテルウエストで、国際会議のレセプション。

2日目の前菜は、タラバガニのキャビア添え、信州サーモンと信濃ユキマス、アメーラトマトとほおずきのコンポート。
シメジとアピオス入りビーフコンソメスープを挟み、ノドグロのソテーをトマトとシブレット風味のマリネールソースで。
香り高いローズティーのグラニテで口直しし、メーンは黒毛和牛のローストビーフを浅間メルローのワインソースで。ホテル特製のカロテン浅間ロールや長野産米粉入りロールが美味しい。ワインをグラスで。
デザートは信州りんごのタルトタタンに藻塩ミルクアイスとフルーツを添えて。
うーん、よく食べました。

Dsc_0257

Dsc_0258

Dsc_0259

Dsc_0260

2015.09.28

長野駅前の戸隠

番外編で、出張した長野駅前の「手打ちそば処戸隠」でランチ。長野市南千歳1ー22ー12。026-223-1907。善光寺側の駅前ロータリーに面していて、便利です。

テーブル数個で、ごくごく普通のお蕎麦屋さんです。鴨せいろ1200円。蕎麦の香りがあって、量も十分だ。もりそば600円から。

ついでにお土産は、どら焼山・栗粒あんと、りん

Dsc_0113

ごパイ。

Dsc_0103

Dsc_0102

Dsc_0104

Dsc_0100

より以前の記事一覧