2016.02.06

茶茶RYU-REY

茶茶RYU-REYで会食。港区南青山5-8-3equboビル4F。5766-2733。インテリアに和紙を多用し、カウンターやソファーなど入り組んだつくりのお洒落和食店。クッションのあるベンチ風の半個室で。

コース5500円は2段の箱に入ったおばんざいの前菜、お造り、鶏の竜田揚げや鴨ローストなどけっこう食べ応えがある。お寿司とデザートもついて、飲み放題1500円でひとり7000円と良心的だ。

RYU-REY(りゅうれい=立札)は外国人向けの椅子にかける形式の茶道だそうです。

2015.08.21

伊志川

美しゃぶ伊志川で会食。港区南青山1-10-5青山ノーサレンダー2F。5772-6444。青山通りの赤坂郵便局前、外苑東通りを乃木坂方面に曲がり、2つ目の信号あたりにある肉卸「肉の石川」直営の豚しゃぶ店。

半個室の席で、美しゃぶ味わいコース5300円。生野菜の豆腐柚子ディップのあと、コース外のスモークサーモン春巻き、丸ナスしんじょ、モッツァレラチーズのスモークなどをつまんでから、メーンのコラーゲン鍋へ。相模豚ロース、相模豚バラ、和牛リブロースをたっぷりと頂く。ネギ、ゴマ、柚子胡椒など、様々な薬味を好みでブレンドするスタイル。
稲庭うどん、抹茶アイスも付いて、けっこうなボリュームだ。ハイボール、オガタマ酒造のイモ焼酎「蛮酒の杯」などを呑んで、一人8000円強。手堅い印象。

2015.06.16

新潟・食楽園

同僚と新潟・食楽園でミニ宴会。渋谷区神宮前4-11-1。5775-4322。表参道ヒルズの裏、新潟館ネスパスの地下にあるレストランです。

立地のお洒落さとは無関係に、インテリアは古民家風というけど、むしろ昭和食堂風、BGMは洒落た洋楽、接客は人手不足と、ややチグハグながら、食材とお酒は間違いない。
定番の栃尾あぶらげ880円、へぎそばは920円。ほかに時期によっていろいろ珍しい郷土料理があります。地酒はお馴染み八海山、久保田はじめ数十種揃っていて壮観だ。試してみた佐渡の真野鶴・辛口吟醸(尾畑酒造)はさらっと飲みやすい。小さいおちょこが燕三条の銀食器なのも嬉しい。

宴会コースは3500円からと良心的だ。個室もあり。普通の宴会の穴場かも。

2014.11.28

昨年に続きマノワール ディノ

恒例ワインの会で昨年に続きマノワール ディノへ。渋谷区渋谷4-1-13。3406-0200。

南青山の素敵な一軒家レストランです。会費1万2000円と高めで、立食だけど、片岡シェフの料理が充実。
ワインはシャンパーニュがニコラ・フィアット・ブルーラベル・レゼルブ。白はカリフォルニアのアンドレッティからソーヴィニオンブランとシャルドネ。そしてモンティチェロ・ヴィニヤーヅのシャルドネがきりっと美味。赤もアンドレッティからカヴェルネソーヴィニヨンとヴィラ・メルロー。モンティチェロはピノノワールで深い。

2014.11.15

イルテアトリーノ・ダ・サローネ

誕生会パート2でイルテアトリーノ・ダ・サローネ。港区南青山7-11-5HOUSE7715B1。3400-5077。

広尾から徒歩10分、日赤通り沿いにあるお洒落なイタリアン。料理の構築にいちいちひと工夫があって、盛り付けも面白い。

まずスプマンテ1400円。月替わり1コース8500円のみで、料理に合わせてグラスでワインを出してもらって一人1万6000円ほど。

滑り出しはフォアグラとザンポーネのエクレア。切り株にのっていて焼き芋みたいだ。明石の蛸とビーツのサラダ仕立て、アニメッラ・キャラメリーゼは牛の胸腺を林檎ピューレ、林檎チップ、ヘーゼルナッツとパン粉で。真鯛のイニヴォルティーニはナスタチウムや鱒の卵をあしらって。

パスタはまずパッサテッィ・インブロード。澄んだ鶏スープにレモンピールの香りだ。パスタ2皿目はパッパルテッレの鹿ラグー。ポルチーニ、ゴルゴンゾーラのこくにローズマリーが効いている。洋ナシを添えて。メーンは仔羊のロースト。茄子ピューレがいいバランスだ。ワインは甘めながらしっかりしたヴァレイィ、ラディコン、爽やかで魚介に合うPer Elisaaustri、そして定番ブルネッロ。

デザートはモンテビアンコ。コーヒーキャラメルソースの上にマスカルポーネムース。マロンクリーム、コーヒーメレンゲ、栗を添えて秋の味覚だ。

帰りに美しい手書きイラストのメニューをくれました。芝先シェフは素晴らしい! 楽しいお店です。

024

026

027

029

030

032

033

036

039

042

045

046

055

058

020_2

018

 

 

 

021

040

2014.09.23

フロリレージュ

憧れのフロリレージュで記念日の贅沢ディナー。港区南青山4-9-9 AOYAMA TMI 1F6440-0878
外苑西通りから細い道を入り、住宅街の階段を上ったわかりにくい場所にある小さいなフレンチです。なかなか予約がとれなかったけど、2カ月前にチャレンジし、数年越しでついに訪問しました~ 照明暗め、こげ茶中心の細長い店内にテーブルが並び、有田焼の皿や繊細なグラスが美しい。

ディナーはお任せコース。テーブルごとにちょっとずつ料理が違っていて、目移りしちゃう。季節感にあふれ、一皿一皿凝っているけど、和風のアレンジなので重くならずに楽しめる。

茶葉を焚火に見立てた一口サツマイモで、まずびっくり。アミューズはオリーブを使った四角いトーストで、ガラス皿の窪みにはまっている。前菜は鮑と緑竹。軽やかな食感が珍しいて、意表をつかれた。パンは細長く、倒立してます。さらに超美味なフォアグラ! さくさくメレンゲと一緒に食べるのが面白い。
魚はマナガツオのポワレをイカ墨枝豆ソースで。鶏はがっつりロースト、そしてラビオリ風の2種類。付け合わせの野菜も味がしっかり。長野県の藤井農園だそうです。
ワインは料理に合わせ、グラスでもらいました。

014

015

017

019


022

024

025

シャーベットでさっぱりと気分をかえてから、デザートはまずチョコレートのオムレツ。ナイフを入れるととろっとしたフォンダンでもう満足。さらに、つまんで一口で頂くほおずきのパート・オ・フリュイ。記念日とあって、お茶菓子のオリーブのマカロンには、花束とお祝いの小札をつけて飾ってくれました。いや~、大充実!

026

030

032

034

037

040

シェフは1978年生まれ、元カンテサンスの川手寛康さん。凄腕だなあ。
個室もあるようです。お見送りも丁寧で感動。ご馳走さま!

042

044

048

049

2014.03.16

CILQ

CILQ(シルク)で贅沢ディナー。港区青山5-16-5MA FIVE1F。64181199

表参道からぶらぶら歩いて10分ほど。南青山骨董通りからちょっと路地に入った、静かな一角にある洒落たフレンチだ。

和風のインテリアをあしらった、落ち着く半個室で、9品+グラスワイン4杯のコースが9000円。キャビアの前菜、トリュフのサラダ、煮鮑、フォアグラのソテー、魚、肉など。デザートも2品で大満足。お任せが5500円からと手ごろです。ゴダックの荒谷公彦プロデュース。

043

316c

316d

316e

316f

316g

316h

316i

316j

316k

316l

316a


2014.02.28

もくち

もくちで久しぶりのメンバーと飲み会。港区北青山3-12-7カプリース青山B1。5468-5886。

青山五丁目信号のそば。入り口がちょっとわかりにくい、この立地とは思えない昭和なビルの地下にある居酒屋です。お任せコース4000円と良心的。先付とお造りだけという予約も可能だ。ハイボールが合う。席はちょっと狭いかな。

2014.01.19

ランベリー・ビス

観劇の後、ランベリー・ビスで食事。港区南青山5-2-11。6427-3229。

表参道交差点からキラー通りを根津美術館方向に徒歩5分、プラダとカルティエの間を入ってすぐ右。フレンチのランベリーと同じ建物にあるビストロ・ワインバーです。

カウンターと小さいテーブル、こぢんまりしているけれど、こげ茶を基調に大理石トラバーチンの床、ガラスのテーブルが落ち着く雰囲気です。アラカルト主体ですが、今回は1ドリンク付き5250円のプリフィクスコースを頂く。生ハムと洋風煮凝りの前菜、魚介のサラダ仕立て、スープ、メインは魚か肉を選べる。牛ほほ肉が柔らかい~。ワインをグラスで頂き、デザートもついて一人7000円程度と良心的だなあ。

シェフは三田幸輔さん。岸本直人シェフがプロデュース。少人数の美味しいもの好きで通いたい店ですね。

004007

 

 

008

010

013

015

009_2


 

2013.12.02

ラウンジ・アンクルハット

ラウンジ・アンクルハットで会合。港区南青山
5-6-23スパイラルビル9
F
3498-5798。

青山の街を眺め、ソファーでゆったりできる
個室です。
カジュアルフレンチコースが3600円から。
ソーセージ盛り合わせ、魚、牛の赤ワイン煮込み、
パスタ、デザート盛り合わせ。
いろいろなパーティープランがあるようです。
ラマージュ経営。

より以前の記事一覧